昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/10/30

かわいいがいっぱい マウンドとのギャップ

 堀投手はファイターズでも勿論とてもかわいがられています。膝の手術をして昨年ずっと鎌ケ谷にいた谷口選手が堀投手と一緒にいると癒されたとか、初めてのフェニックス・リーグで先輩達にたくさん誘ってもらったからごはん食べすぎちゃって太っちゃったとか、試合中のベンチでトンキン投手とはちょっと間を空けるのに宮西投手にはぴったりくっついて座る姿とか、打たれてしまった次の日はJAPANのコーチでもある解説者の建山義紀さんと練習中に会っても軽い挨拶だけでささっと逃げようとするとか、石川直也投手に「あいつ、なめてます」って言わせちゃうとことか、バッテリーを組む清水捕手が投げ終わって戻ってくる堀投手の頭をグラブでぽんぽんする様子とか……。堀投手について試合以外の見たり聞いたりすることには、ほぼほぼ、かわいいがいっぱいなのです。

 マウンドとのギャップがいいんですよね。マウンドでの集中力からなる表情は指名手配犯かと思うくらいの怖い顔ですから。でも3アウトでベンチに帰ってくる時はにっこり。表情筋、どうなってるのかと思うくらいそのふたつは別のものです。

「かわいい」がいっぱいある堀瑞輝

 ファンの間でも「堀投手 かわいい」はもう定番です。インターネットで「堀瑞輝 かわいい」で検索してみましょう、いい時代です、心を満たしてくれる画像がわんさか出てきます。

 私は思います。吉田輝星投手も堀投手と同じで、かわいがられちゃう才能があるんじゃないかと。緊張の会見の時に、つい出ちゃうあのはにかみ笑顔は作れるものではありません。あの顔が出来るのは相当の才能の持ち主です。もしその使い方がうまくわからなかったら堀先輩をよく観察してほしい。そしてファイターズの先輩たちは鳴り物入りで入団してくる後輩にとても慣れています。自分がその立場だった先輩もすぐ上にいます。だから身構えずに18歳らしく先輩の懐に飛び込んでほしい。ああ、そして、かわいい堀投手が後輩をかわいがる姿……これまたきっととってもかわいいに違いない。

※「文春野球コラム 日本シリーズ2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/-/9346でHITボタンを押してください。

この記事の写真(2枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー