昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/12/17

中国からの電話でも、「03」で始まる番号が相手に表示される

――ちなみに1人あたりの売り上げが、最低報酬の30万円に届かない場合は、どうなるんですか?

「成果が出なければ30万円も本来保証できないが、マニュアル通りにやって、結果が出せなかった人は1人もいないって先方は言ってましたね。3人チームの中に、それぞれ決まった役回りがあり、その役回りによってマニュアルは異なります」

 電話をかけるのも、途中、ストーリーの展開次第では、固定電話だけでなく携帯になることもあり、中国からの電話は日本の電話番号を経由し、「03」などから始まる番号が相手の電話に表示されるようになっている。

©iStock.com

「タイミングよく、3人で連携して電話をしなければならないため、誰か1人でも怠ける人が出てくるとみんな稼げなくなっちゃう。だけど、一定の割合で、部屋に引きこもってなぜか出てこなくなる人や遊んでしまって一切仕事をしない人、マニュアルを読まないで適当にやる人がいるみたいで……。そういう人が出てきた場合は即帰国です。仲のいい人同士だと甘えが出てしまうからか、見知らぬ人同士でチームを組んだほうが結果が出るみたいですよ」

 つまり、末端で詐欺事件を担うメンバーにとっては、「目先の金を手に入れるためのアルバイト感覚」なのだ。実際、A氏が今回の中国行きの案件を説明すると、仕事に興味を持った人は「海外旅行しながら、100万円単位のお金も稼げる条件のいい短期間高収入仕事」という受け止め方をしているという。

――そんな働けと言って働かないような人に、帰ってくれと頼んで、素直に帰るもんなんですか?

「宿泊は寮のようなところで、1人1部屋与えられているんですが、マスターキーを管理者が持っていて、勝手に開けて荷物とか全部出して、車に乗せて空港に連れていっちゃうみたいです。あと、食事は全て出前で、決まったタイミングに出てくる仕組みなんですが、それが止まります」

――強制退去者は、旅費や滞在費を請求されるんですか?

「いえ、経費を負担してもらうことはないが、報酬も出さないってことでした」

2週間ごとに一度香港に出て、戻ってを繰り返す

――ちなみに観光客として入るわけですよね? 3カ月はどうやってクリアするんですか?

「2週間ごとに一度香港に出て、戻ってを繰り返すそうです。ビザ免除での滞在期限が切れる人をごそっと車に乗せて往復するんですが、滞在場所は広州のため、往復しても夕方に出れば夜中に帰ってこられるんですよ」

――何回も往復して、目をつけられる危険性はないんですか?

「上に話を通してあるから大丈夫だって言ってました。だから大元は、ある程度政界との関わりも深く、権力のある人なんじゃないですかね。多分、中国マフィアとかなのでしょう。最近は日本の暴力団も絡んでいると聞きますが、中国に入って日本人相手に詐欺を行っても、お咎めがないみたいなんですよね」

“短期間・高収入のテレアポバイト”という誘い文句で、会ったことのない電話の主に人材を派遣するA氏は、「俺は、自分の報酬さえもらえればいいんで……」と、あまり詳しいことは知りたくないという素振りだった。深く首を突っ込んで詳しく知ると、トラブルが起きた時に自分に害が及ぶ。それを避けるための防衛手段なのだろう。

 そして、A氏は「この後もアポがあるんで」と夕暮れの歌舞伎町に消えていった。

A氏 筆者撮影

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー