週刊文春 電子版

阿部寛(56)「借金2億」「女優ナンパで仕事ゼロ」の実録“ドラゴン桜”

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

 4月25日放送の初回から今期の民放ドラマで視聴率トップを快走する「ドラゴン桜」。落ちこぼれた生徒を東大合格へ導く弁護士を演じる阿部寛は、モデルとしてデビューするも挫折し、ドラマさながらの半生を送ってきた。父や共演者、スタッフらが秘話を明かす。

「バカとブスこそ東大へ行け!」

 偏差値30台の高校生にこう発破をかけるのは、元暴走族の弁護士・桜木建二。TBS日曜劇場「ドラゴン桜」は初回の視聴率は14.8%、その後も2桁をキープし、民放ドラマでトップを走っている。

TBS日曜劇場で放送中(公式サイトより)

 桜木を演じる阿部寛(56)が黒いスーツ姿で栃木県のコンビニにあらわれたのは4月16日のこと。

「万引か、いいよな。あのスリル、ゾクゾクするよな」

 平手友梨奈扮する女子高生に阿部が声をかける第一話の重要なシーン。ロケ場所の店主が言う。

「実はあのシーンは3月に撮り終えていました。でも4月中旬に『阿部さんがあのシーンに納得がいっていないので』と再び連絡があり、撮り直したんです」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年5月27日号

文春リークス
閉じる