週刊文春 電子版

キムタク娘Kōki, 主演で映画デビュー 工藤静香の“野望と不満”「本当はハリウッドで」

「週刊文春」編集部
エンタメ 国際 芸能 映画
木村
木村

 キムタクの威光をバックに2人の娘を次々とプロデュースする静香。長女の声優デビューが喧伝される陰で、次女の銀幕デビューを仕掛けているとの極秘情報を小誌はキャッチした。中国とアメリカを視野に、着々と手を打つ木村家の女帝の飽くなき野望を徹底取材!

「初主演映画の題材はジャパニーズホラー。『犬鳴村』と『樹海村』を立て続けにヒットさせた清水崇監督による、さらなる続編への大抜擢で6月中にも地方都市でクランクインの予定です」(配給会社関係者)

 木村拓哉(48)と工藤静香(51)の次女でモデルのKōki,(18)が、いきなり主演で銀幕デビューする。

次女のKōki,
全ての画像を見る(5枚)

 ファッション誌「ELLE JAPON」(2018年7月号)の表紙を飾り、15歳でモデルとしてデビューして約3年。これまで日本や中国でインフルエンサーとして活動してきたKōki,の肩書きに、初体験の“女優”が加わることになる。

 木村家ではフルート奏者でモデルの長女・Cocomi(20)が、明石家さんまプロデュースのアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」(6月11日公開)で声優デビューを果たしたばかり。実は同時期、密かに進行していたのがKōki,の女優デビュー計画だった。

長女のCocomi

「今年創立70周年を迎えた配給大手の東映が、目玉作品のひとつとして企画しているのが清水組の新作ホラー。昨年2月に公開された『犬鳴村』が興行収入14億円を叩き出し、今年2月公開の『樹海村』も約6億円とコロナ禍で健闘した。第3弾の企画が急ピッチで進められ、脚本が完成するより前にKōki,のキャスティングが決定したといいます」(同前)

 デビュー以来、ブルガリやシャネルなどのアンバサダーを務め、今年3月には日本人として初めて米化粧品・エスティローダーのスポークスモデルに就任。「世界的モデルになるのが夢」と公言し、グローバルな活動を続けるKōki,がなぜ今、コテコテの和製ホラー映画なのか。そこには静香の“野望と不満”が見え隠れする。

静香

「幼少期からインターナショナルスクールに学び、英語が堪能なKōki,と彼女をプロデュースする静香が当初の目標に定めていたのはハリウッドでした」(映画関係者)

 静香が意識したのは、娘と同じ15歳でデビューしたジョニー・デップの娘でモデル兼女優のリリー=ローズ・デップだという。

「でも実績もないKōki,に海外からオファーが来るはずもなく、コロナ禍で渡航も制限されている。そこで、米国で『THE JUON/呪怨』(04年)をランキング1位、120億円以上の大ヒットに導いた実績のある清水監督にデビューを託した。作品が海外に輸出されることや米国でリメイクされる可能性も視野に入れているのでしょう」(同前)

 同じ東映で、父・キムタクの大作が控えていることは決して偶然の一致ではないだろう。まだ公表されていないが、この秋にもクランクインが予定されている同社の70周年記念作品は、木村にとって4年ぶりの時代劇になる。

「木村が時代劇に初挑戦した1998年のスペシャルドラマ『織田信長 天下を取ったバカ』(TBS系)や、トヨタのCMでも演じた愛着のある信長役を、今度も演じます。メガホンを取るのは『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督。相手役には国民的人気女優の名前が挙がっています。日本でもっとも有名な父と娘を同時期にキャスティングできた東映幹部はホクホクです」(同前)

 もっともKōki,の女優としての実力は未知数だ。テレビ局関係者が言う。

「木村ファミリーウーマンズ」

「英語はネイティブ並み、仏語も多少話せるが、肝心の日本語はイントネーションが独特で、巻き舌になると聞き取りづらいとの指摘もある。海外志向の強い静香さんの方針で日本のドラマのオファーをこれまで受けつけなかったため、演技経験はほとんどないのです」

 大抜擢はやはり「キムタク」の威光があってこそだ。Kōki,とCocomiが所属する「パープル」は、静香が代表を務める芸能プロダクション。スタッフには全盛期の松田聖子を支えた伝説的なマネージャーもいるが、キムタクブランドを強かに利用して姉妹を全面的にプロデュースするのは、静香社長だ。

「01年ごろ、生後間もないCocomiの写真を撮った週刊誌に、ジャニーズは『この子には2億円の価値がある』と詰め寄り、顔写真を掲載しないようにきつく通告したほど2人の娘は大事に育てられてきた。静香はその後も2人を徹底ガード。実父にさえ孫の写真を渡さなかった。一方で自身のアルバムにデビュー前のKōki,を作曲家として起用し、フルートを学ぶCocomiを積極的にコンクールに出場させるなど、娘たちを世に出す準備を着々と進めてきたのです」(同前)

 だが、ひとたびベールを脱ぐと、即座にSNSを開設し、娘たちのみならず、木村の私生活までオープンに。こうした「娘ファースト」の姿勢には、さすがのジャニーズも頭を抱えた。

「ファンに私生活や家族の姿を見せないのがジャニーズでは暗黙のルール。その掟を易々と破り、“キムタクの娘”を猛アピールする静香に、幹部らも呆れ果てていた。SNSで『木村ファミリーウーマンズでーす』とおどける彼女たちに幻滅し、木村のファンクラブを辞める人も。それでも、メリー喜多川名誉会長や藤島ジュリー景子社長とも親しくしている静香に誰も口を挟むことができずにいます」(芸能プロ幹部)

 静香は姉妹の撮影やイベントには必ず同行し、取引先との交渉でも前面に立つ。多くの芸能関係者が舌を巻くのは、娘に幼少期から英語、仏語、中国語を学ばせ、海外を強く意識する静香のマーケティング戦略である。

「日本ではテレビの露出を控える一方で、ギャラがそれほど高くないインフルエンサーの仕事を次々に請け、箔をつけたあとで中国の番組やCMに出す。中国での報酬は日本と桁が違うとも言われます。中国のオーディション番組にKōki,が出演した際のギャラが5000万円近くあったという報道もありました」(同前)

 約14億の人口を有する中国のエンタメ市場は、日本とは比較にならない。

 中国ではいまKōki,を起用した企業のポスターが街の至るところに貼られ、彼女の出演する生理用品や、化粧品のテレビCMが日常的に流れている。この6月から中国でCMにKōki,を起用しているユニ・チャーム広報室は、「中国のZ世代女性の間では、(Kōki,は)革新的でファッショナブルで、インターナショナル感があると認知されています。彼女のイメージは今回の新商品に合致しており、起用しています」と説明する。だが、起用の理由はそれだけではない。ジャーナリストの周来友氏が解説する。

「中国でKōki,さんが注目される一番の理由は、“キムタクの娘”というブランド力に尽きる。木村さんは中国では不動の大スター。女性問題や金銭スキャンダルもなく、円満な家庭を築く人格者としても尊敬を集める別格の存在です」

中国の街中にはKōki,のポスターが

 木村の主演ドラマ「ロングバケーション」(フジ系)や「ビューティフルライフ」(TBS系)は中国で放送され大ヒットを記録。11年には来日した温家宝首相にSMAPが中国語で「世界に一つだけの花」を歌い、その後北京でコンサートを行なって大きな話題となった。

「中国で“天皇”と呼ばれる木村さん。その娘というだけで価値がある。木村さんと接点を持ちたいがために現地の企業や業界人が娘にオファーを出す」(同前)

 中国のSNS「Weibo」で木村のフォロワーは約257万人(6月14日時点)だが、Kōki,も約103万人と追走し、日本の芸能人ではトップクラスだ。一方で静香は長女のCocomiにもレールを敷いてきた。

「公称170センチのKōki,に比べ、Cocomiは161センチとそれほど背が高くなく、以前からモデル活動には消極的だった。フルートを学ぶ傍ら、憧れを抱き続けていたのがアニメの声優。中学3年生から高校にあがるまでの1年ほど、著名な声優が主宰する声優学校に通っていたこともありました」(Cocomiの知人)

 静香が声優学校に口外を堅く禁じ、厳戒態勢を敷いた上で週に1回程、個人レッスンを受けていたという。

中国では生理用品のCMにも

静香ファミリーのマスオさん

「送迎を行なうのはもっぱら静香さんですが、SPのような警護員を付けていたこともあった。幼い頃からアニメ好きだったというだけあり、本読みはスラスラと淀みなく、アテレコも上手でした」(同前)

 前述の「漁港の肉子ちゃん」での声優デビューでも親の人脈がモノを言った。木村が「おじき」と慕い、静香が「親戚のおじちゃん」と呼ぶのが同作でプロデューサーを務めた明石家さんまだ。さんま自身、「Cocoちゃんが持っている空気、雰囲気はすごい」と絶賛。試写には木村やKōki,も駆けつけ静香の母は涙を流して喜んだという。

 さんまに直撃した。

――Cocomiちゃんとご一緒された感想を。

「番組でさんざん答えてるから、それ書いとけ!」

――マネージャーの静香さんはいかがでしたか?

「おう、頑張ってたよ!」

 娘たちのために奔走し、持てる人脈をフル稼働して“ファミリービジネス”にまい進する静香の原点。東京・羽村市でかつて両親は居酒屋を営んでおり、静香も皿洗いなどを手伝うこともあったという。近隣住民は、こう懐かしむ。

「キムタクも結婚前から人目を忍んでちょくちょく遊びに来ていました。お子さんが生まれた時も、顔を見せに来ていましたね。近所には、赤ちゃんを抱っこさせてもらったって人もいます」

 板前だった父は亡くなったが、母は今も木村家の隣に住み、静香のSNSにも頻繁に登場する。

「結婚当初、静香が両親と暮らす実家に同居していた木村は、隣に豪邸を建てたいまも、実質的には静香ファミリーのマスオさん状態。一方で自分の両親や弟とは距離を置き、今ではほとんど交流がないといいます」(木村の知人)

 事実、木村の両親が孫の晴れ舞台に姿を見せることはほとんどない。

 現在も全国で食育などの講演活動を行なう木村の母を訪ねた。だが、Kōki,やCocomiの名前を出しながら孫の活躍について問いかけても、終始、無言を貫いた。

 6月中旬の昼下がり。都内の高級スーパーに新車のSUVを駆って静香とKōki,が颯爽と現れた。小誌記者がCocomiの声優デビューや、Kōki,の世界進出について尋ねたが、静香は「ありがとうございます」とにこやかに会釈するのみだった。

 キムタクブランドを背に、妻は歌手兼社長、長女はフルート奏者兼声優、次女はモデル兼女優として勢力を拡大する木村家の“ファミリービジネス”。日本だけにとどまらない静香の飽くなき“野望”は、次に何を見据えているのか。

source : 週刊文春 2021年6月24日号

この記事の写真(5枚)

文春リークス
閉じる