週刊文春 電子版

「ドラゴン桜」山下智久 収録が緊迫の放送前夜だったワケ

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

「最終回の視聴率は大台超えの20.4%(世帯平均)。山下の“出演”も数字に大きく貢献しましたが、実現までにはすったもんだもありました」(TBS関係者)

 6月27日放送の最終回が、今年のドラマ最高視聴率を記録した「ドラゴン桜」(TBS系)。中でも前作(2005年放送)からのファンが大いに沸いたのは、山下智久(36)をはじめとする「東大専科」卒業生の登場シーンだった。

 

「東大の2次試験を控える生徒たちのために、阿部寛演じる桜木弁護士がかつての教え子を呼び寄せ、中尾明慶や小池徹平、紗栄子らが16年ぶりに集結。終盤には新垣結衣もサプライズで出演しました」(同前)

最後に登場した新垣結衣(TBSより)

 瞬間最高視聴率22.7%をマークしたのは山下の登場シーン。メールを読み上げる“声のみ”の出演にとどまったが、それでもTBSにとっては画期的な出来事だったという。

矢島(山下)からのメール(TBSより)

「生徒役の髙橋海人(22)はKing & Princeに所属する現役ジャニーズ。昨年退所した“辞めジャニ”の山下との共演は、業界でタブー視される前代未聞のキャスティングです。局側はジャニーズにお伺いを立てたものの、なかなか返事がなかったといいます」(同前)

 だが前作のキャストが勢揃いする中で山下ひとりが出ないのはあまりに不自然。話し合いの末に妥協案として採用されたのが、髙橋のいないシーンに声だけで出るという策だった。

「緊迫した状況下で山下がアフレコに臨んだのは、なんと最終回の放送前夜。ジャニーズからOKが出るまで、ギリギリまで判断がつかなかったのです」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年7月15日号

文春リークス
閉じる