週刊文春 電子版

夫・子どもと別居 長谷川京子(43)がスタッフに驚きの一言

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

「今年に入ってからマンションを探し始め、春に家を出た。12歳の長男と9歳の長女は新藤のいる自宅で過ごし、長谷川とは週末にママ友家族と出かけたり、ファミレスで食事をしたりするそうです」(芸能記者)

 女優・長谷川京子(43)が、夫であるポルノグラフィティのギタリスト・新藤晴一(47)との別居を報じられたのは、9月30日発売の「女性セブン」だった。事務所関係者が言う。

 

「新藤は長谷川を『かあちゃん』と呼び、男女という感覚はとっくになかった。子供のために繋がっていた夫婦だったがコロナ禍で一緒にいる時間が長くなり、耐え切れなくなった長谷川が出て行ったようです」

 今月8日には、新藤が出会い系アプリで相手を探していたことを「フライデー」が伝えるという追い打ちまでかかった。

夫の新藤

 夫妻は2008年に交際3カ月で結婚。だが、長女が幼稚園に入園した15年、亀裂が入った。新藤がツアー先の札幌で美女と2人、夜の街に消える模様が報じられたのだ。

「長谷川は13年に『ベストマザー賞』を受賞した際、『夫が幼稚園の送り迎えや、食事、本の読み聞かせをやってくれる』と惚気ていた。しかし陰で裏切られていたことを知り、相当ショックを受けた」(同前)

 贖罪の気持ちからか、新藤は、長谷川が希望する子供たちの有名私立小学校へのお受験や海外への短期留学を受け入れた上、分担で育児に励んでいたという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月21日号

文春リークス
閉じる