週刊文春 電子版

食べログピンチ! 点数急落訴訟で公取が動いた

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業 グルメ

「当社は店舗ごとに毎日、食べログの点数を記録していました。しかし、ある日その点数が軒並み下がっていたのです」

 こう訴えるのは、都内を中心に38店舗を展開する韓国料理チェーン「KollaBo」の運営会社・韓流村の任和彬(イムファビン)社長だ。

やらせ口コミで問題になったことも(画像は公式ツイッターより)

 口コミで“本音の評価が分かる”とされる日本最大級のグルメサイト「食べログ」で点数の急落が起きたのは、2019年5月21日のこと。任社長が言う。

「悪い口コミが増えたわけでもないのに急に点数が下がったのです。グーグルやホットペッパーなどの点数は下がっておらず、食べログだけでこの現象が起きた」

 新宿店は3.51点が3.16点になり、中目黒店に至っては3.51点から3.06点まで下落。最大で0.45点、平均約0.2点も下がったのだ。

19年5月21日の前(上)と後(下)で点数が大幅変化(公式サイトより)

「焼肉トラジ、一蘭、天一なども点数が下がっていました。共通するのは、十数店舗以上展開するチェーン店だということです」(同前)

 売り上げも大幅に減った。韓流村は元々、食べログ経由の売り上げが全体の35パーセントを占めていた。だが食べログ上の店舗のPV数が月に約1万PV下がり、売り上げは月平均約2500万円落ちたのだ。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月28日号

文春リークス
閉じる