週刊文春 電子版

「選挙特番で政治家にどう聞くか」|池上彰 

池上彰のそこからですか!? 第501回

池上 彰
ニュース 政治 メディア テレビ・ラジオ

 衆議院総選挙が終わりましたが、今回はとりわけテレビ各局の選挙特番が話題になりました。選挙で当選あるいは落選した政治家に、どのような質問を投げかければいいのか。それが問われました。

 最近のテレビ各局のキャスターによる厳しい質問は、前からあったわけではありません。10年以上前の民放各局の選挙特番での政治家へのインタビューは、おしなべて「いまのお気持ちは? 勝因(敗因)は何でしょうか? 今後どのような活動をしていくおつもりですか?」というものでした。要はNHKの選挙特番と同じようなものでした。

 これが変わるきっかけとなったのが、2010年7月に放送された「TXN参院選特番 池上彰の選挙スペシャル」でした。TXNとはテレビ東京をキー局とするネットワークのこと。他の民放局に比べて組織も小さく、人員も少ないテレビ東京は、それまで午後8時からの選挙特番を放送できないでいました。

 そんな状況を払拭したいというテレビ東京報道局の熱意に打たれ、このときから私がメインキャスターをお受けしました。この番組で、政治家たちに容赦ない質問を連発したことが話題となり、高視聴率を獲得したことから、各局とも考えを改めたのです。

 それ以降、NHK以外の各局は、政治家への厳しい質問をためらわなくなりました。「厳しい質問をしてもいいんだ」と気づいたのです。

 それまで選挙特番といえば、各局の政治部の記者あるいは政治部出身のコメンテーターが主に質問をしていました。彼らは選挙の後も政治家との良好な関係を維持していかなければなりませんから、政治家を怒らせるような質問はしなかったのです。これが「政治家に忖度している」という視聴者の不満につながっていました。しかし私は社会部記者出身。政治家との良好な関係を維持しようとは思っていませんから、直球の質問も投げることができたのです。

 また、テレビ東京の番組では、公明党と創価学会との関係も取り上げました。創価学会が公明党を支持し、学会員が熱心に選挙運動していることは、政治部記者にしてみれば常識のこと。わざわざ取り上げるなどバカバカしいと思っていたのです。

 その結果、視聴者の中には、「なぜ公明党と創価学会の関係を取り上げないのだ。テレビ局にとってタブーなのか」と思い違いをする人たちがいたのです。テレビ東京の番組は、政治について知らない人にも楽しく勉強してもらおうというコンセプトでしたから、敢えて両者の関係を取り上げました。これを見た視聴者が、「テレビ東京はタブーに切り込んだ」と過分な評価を与えてくださったのです。

 でも、他局の政治部記者たちには不評でした。「こんな当たり前のことをなぜ取り上げるんだ」というわけです。ここに、政治のプロと視聴者の思いとの乖離があったのです。

 また、テレビ東京の番組では、当選した候補者の“面白プロフィール”も話題になりました。ここには、テレビ東京なりの戦略がありました。

速報合戦の時代は終わった

 過去の選挙特番は、どれだけ早く当選確実を打ち出すかという競争でした。この点ではNHKが独擅場のような状態でしたが、民放各局も系列新聞社と情報共有することなどで速報合戦に参入してきました。

 しかし各局が午後8時に出口調査の結果を発表するようになってからは、情勢が激変。それまで視聴者は、「どの政党が候補者を増やすか」「自分が投票した候補者は当選するかどうか」と注目しながら見ていましたから、刻々と当選確実が出る状況を興味深く見ることができたのです。それが8時になった瞬間にわかってしまうのですから、速報合戦の意味がなくなってしまったのです。

 そのことにいち早く気づいたのがテレビ東京でした。速報合戦ではない番組を作ることによって視聴者に見てもらおうと考えたのです。そこには速報合戦では勝てないという会社の事情もあったのですが。

 そこで打ち出したのが「選挙に関する知的エンターテインメント」というコンセプトです。選挙の現場にバスツアーを組んで見に行く。選挙事務所の中がどうなっているか紹介する。共産党や公明党、創価学会の中を探訪するという企画を次々に実現させました。

 番組中に当確が出た候補者を紹介しても、視聴者には初めて見る名前が多くなります。そこで、候補者たちの意外な人間的な側面を紹介しようとプロフィールに工夫を凝らしたのです。この趣向は、その後各局が真似をしました。

 こうしたテレ東の番組を参考にしたのでしょうか、お笑いタレントを起用し、候補者に「忖度ない質問」をするという趣向が今回登場しました。忖度のない質問は大歓迎ですし、政治部出身ではないタレントなら遠慮なくズケズケと質問できるだろう。そう考えれば、この方法もありだなと思っていました。

 ところが、いざ放送が始まると、「失礼なやり方だ」という批判が噴出したそうです。政治家への質問とは、難しいものですね。

 そこで私も自戒を込めて、政治家への質問のあり方を考えてみます。問題は「忖度」とは何か、です。政治家にとって聞かれたくないことを考えて配慮し、敢えて聞かないでおく。これが忖度でしょう。でも、視聴者が知りたいことなら聞くのは当然のことです。ただ、政治の世界で「政策は批判してもいいが人格攻撃はいけない」という暗黙のルールがあります。相手は選挙に出た公人とはいえ、人間です。当選した候補者は、選挙区の有権者から支持されています。その人の政策や認識に問題があると思えば指摘し、批判すればいいのです。政治家を敢えて怒らせて本性を明らかにする手法もありますが、人格を否定してはいけないのです。そのさじ加減が難しい。それを痛感させる騒動でした。
 

イラストレーション 3rdeye

source : 週刊文春 2021年11月18日号

文春リークス
閉じる