週刊文春 電子版

長渕剛との不倫、二度の離婚 悪女で生き残った国生さゆり

THIS WEEK「芸能」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 放送中の連ドラ「アバランチ」(フジ系)に、政財界の裏事情を知り尽くす高級サロンのママ役でゲスト出演した国生さゆり(54)。

「かつて2時間ドラマで“出てきた瞬間に犯人とわかる”といわれた悪女オーラは健在。悪女をこなせる女優は少ない。近年悪女役で頭角を現した菜々緒(33)は今や主演格。ゲスト悪役でインパクトを残す中堅女優といえば杉田かおる(56)と国生の名が挙がる。『アバランチ』でも不気味な怪演を見せた」(放送記者)

高校時代は100メートル12秒8の俊足 ©文藝春秋

 国生といえば“元おニャン子”。高校時代「ミス・セブンティーンコンテスト」全国大会に進出。他の出場者には後のおニャン子クラブの同僚、工藤静香もいた。そこで見出され1985年、おニャン子の初期メンバーとなり、「夕やけニャンニャン」にレギュラー出演することになった。

「初期の看板は新田恵利、河合その子であり、国生はその他大勢。鹿児島訛りもあり、垢抜けしなかった。本人も『皆の立ち振る舞いを観察し、メイクから標準語まで覚えた』と回顧している」(ベテラン芸能記者)

 だが陸上短距離走で鍛えた健康美で頭角を現し、翌86年「バレンタイン・キッス」で同グループ4人目のソロデビューを果たす。

「これが30万枚のヒット。おニャン子の作詞を担当した秋元康氏にとっても、氏が生んだ最初のアイドルの一人といえる」(同前)

 翌年春には早くもおニャン子を卒業し、グループ自体も同年秋に解散。仲間がフェードアウトする中、国生は人気を維持。卒業直後には「キスより簡単」で連ドラ初主演、以降も継続的に連ドラに出演したが、91年の「しゃぼん玉」がその後に影を落とした。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月18日号

文春リークス
閉じる