週刊文春 電子版

大谷翔平 MVPで証明された「花巻東監督の凄い言葉力」

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 スポーツ 教育

「当時は(目標が)ぶっ飛んでると思ったが、目指していたから必然だった」

 大谷翔平(27)のメジャーリーグMVP獲得に際し、こうコメントしたのが母校・花巻東高(岩手)の野球部監督、佐々木洋氏(46)だ。恩師は大谷の才能をどう開花させていったのか。

イチロー以来2人目の日本人MVP

 岩手県出身で佐々木監督と親交の深い漫画家の三田紀房氏が語る。

「彼は非常に負けず嫌いで、『絶対日本一になる』ということを常々、口にしています。言葉にすることでそれが当たり前になり、行動につなげられるのでしょう」

 国士舘大野球部時代は寮を追い出されるほどやんちゃだったという佐々木監督だが、ある時転機が訪れる。

「自己啓発本の『思考は現実化する』(ナポレオン・ヒル著)を読み、感銘を受けたそうです。野球人として大成しなかった自分の後悔を味わわせたくないと、『0時間授業』と呼ばれる朝のミーティングでその内容を菊池雄星投手や大谷選手らに説いてきた」(スポーツライター・氏原英明氏)

高校の先輩の菊池

 大谷の野球への姿勢を育てたのは、そこでの「人間の行動は将来への『投資』と今だけの『消費』に分かれるから、人生の今後につながるものに多く投資しなさい」という言葉だった。

「花巻東の選手はどうして物を考える力があるのかと問うと、この話を教えてくれました。そうした話をまとめ、指導バイブルのような厚い冊子を作っていますが、最初のページにこの言葉が書かれている」(同前)

 試合に出場することの“意味”についても教えていた。スポーツライターの安倍昌彦氏が振り返る。

「佐々木監督は『試合に出ている選手は野球をする権利を与えられているのだから、それに報いる義務がある』と、選手たちに口酸っぱく言ってました」

 言葉の説得力に厚みを持たせるべく努力もする。

「選手に『準備をして全力を出しなさい』と何度も訴えかけています。彼はデータを集めることがすごく好きで、徹夜で対戦相手の分析をしたりと勝利に貪欲。そう言っている以上、自分も全力を出さないといけないと思っているのでしょう」(前出・三田氏)

 大谷自身も佐々木監督の言葉について「監督に言われると、親と同じことでも違って聞こえました」(「ナンバー」2019年8月8日号)と語っている。恩師が与えた「先入観は可能を不可能にする」という言葉は、今も大谷の胸に刻まれているという。

 

 その不可能とも思えた二刀流実現の背景にも佐々木監督の言葉があった。ドラフトで大谷を指名した日ハムに「メジャー入りも見据えて両方やらせてほしい」と熱く直訴したのだ。三田氏が当時の様子を語る。

「ドラフトの1週間前、雑誌の企画で大谷くんと対談したときには『メジャーに行きます』と言っていた。佐々木監督も『腹を決めたんです。何があってもこの子の希望を叶えてあげたい』と。大谷くんを絶対守るという強い意志を感じました」

 趣味の盆栽に使う“針金”にも指導者としてのあるべき姿を見出している。

「針金は矯正ではなく、導いてやるための処置なんです。でも、やり過ぎると、邪魔しているだけになる。そこを見極められるのがいい指導者だと思う」(「ナンバー」19年5月30日号)

 MVP発表前には「いまの指導者はもしかすると画一的な『システム』に子どもたちをあてはめすぎているように感じます。むしろこれから必要なのはカスタムではないでしょうか」(朝日新聞11月18日朝刊)と語っていた佐々木監督。

花巻東の佐々木監督

 次は本塁打の高校通算記録更新を狙う長男・麟太郎を、育てていく。

source : 週刊文春 2021年12月2日号

文春リークス
閉じる