週刊文春 電子版

大谷翔平 MVPで証明された「花巻東監督の凄い言葉力」

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 スポーツ 教育

「当時は(目標が)ぶっ飛んでると思ったが、目指していたから必然だった」

 大谷翔平(27)のメジャーリーグMVP獲得に際し、こうコメントしたのが母校・花巻東高(岩手)の野球部監督、佐々木洋氏(46)だ。恩師は大谷の才能をどう開花させていったのか。

イチロー以来2人目の日本人MVP

 岩手県出身で佐々木監督と親交の深い漫画家の三田紀房氏が語る。

「彼は非常に負けず嫌いで、『絶対日本一になる』ということを常々、口にしています。言葉にすることでそれが当たり前になり、行動につなげられるのでしょう」

 国士舘大野球部時代は寮を追い出されるほどやんちゃだったという佐々木監督だが、ある時転機が訪れる。

「自己啓発本の『思考は現実化する』(ナポレオン・ヒル著)を読み、感銘を受けたそうです。野球人として大成しなかった自分の後悔を味わわせたくないと、『0時間授業』と呼ばれる朝のミーティングでその内容を菊池雄星投手や大谷選手らに説いてきた」(スポーツライター・氏原英明氏)

高校の先輩の菊池

 大谷の野球への姿勢を育てたのは、そこでの「人間の行動は将来への『投資』と今だけの『消費』に分かれるから、人生の今後につながるものに多く投資しなさい」という言葉だった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月2日号

文春リークス
閉じる