小林麻耶 スピリチュアル夫とラブラブ写真 

海老蔵は「おかえり」、離婚報道の裏で

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 600年に一度の“ほぼ皆既月食”が観測された11月19日の夜。満月が照らす都内の夜道をひと組の男女が肩を並べて歩いていた。女性が立ち止まりマフラーを外して彼の首に巻きつけると、男性はおもむろにジャケットを脱ぎ、寒さに震える彼女にそっと手渡す。時折り互いの顔を見つめ合い、談笑しながら歩を進める2人の姿は付き合いたての恋人同士のようにラブラブだった。

 この夜、3時間近く“月食デート”を楽しんだ2人は、フリーアナウンサーの小林麻耶(42)と――。

歩きながら見つめ合う麻耶と吟氏

 麻耶と言えば、夫で整体師の國光吟氏(38=「あきら。」名義でタレント活動も行う)と、離婚危機にあると報じられてきた。

 発端は、「女性セブン」(4月1日号)が報じた2人の別居。18年7月に「交際ゼロ日」で結婚した2人が今年3月頃から別の家で暮らすようになったという。

 芸能記者が解説する。

「吟氏は手かざしや気による施術を行う整体師で、スピリチュアルな夫の精神世界に傾倒する麻耶が不可解な言動を繰り返すことに周囲は頭を悩ませていたといいます。“洗脳”されていると報じられたこともあり、亡くなった妹の麻央さんの夫・市川海老蔵も次第に距離を置くようになった。あれほど可愛がっていた姪や甥に会うこともできず、麻耶はすっかり周囲から孤立していました。その彼女が家族の説得でようやく目を覚まし、離婚に向けて動き始めたというのです」

18年7月に結婚(あきら。のブログより)

新築マンションに着いた2人

 セブンの直撃に対し、麻耶は離婚を否定しつつも、「今は別々に住んでいる」とし、理由はあくまでもマスコミの取材攻勢から逃れるためだと説明した。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年12月2日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫