ベラルーシ、難民を武器にした|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第504回

池上 彰
ニュース 社会 政治 国際

 難民を他国への嫌がらせに使う。こんな非人道的な行動をとっているのは、東欧のベラルーシです。今年の秋になって、中東からの多数の難民がベラルーシに入国して、ポーランド国境に殺到。ポーランドへ越境しようとして、ポーランドの国境警備隊に阻止される事態となっています。寒さが募る中で、大勢の難民は行き場を失っています。

 どうして多数の難民が押し寄せたのか。「欧州最後の独裁者」の異名をとるベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領の策略と見られています。ルカシェンコ大統領による野党勢力への弾圧に抗議するEU(欧州連合)がベラルーシに対して経済制裁を科したため、その意趣返しを始めたというのです。

 ベラルーシといえば、今年5月、ギリシャのアテネからリトアニアのビリニュス行きの航空機がベラルーシ領空で、「爆破予告があった」と言われて、首都ミンスクの空港に着陸させられ、乗っていた反体制派ジャーナリストが逮捕されるという事件が起きました。要は虚偽の「爆破予告」を口実に、ルカシェンコ大統領にとって都合の悪い人物を捕まえてしまったのです。まさに国家によるハイジャックでした。

 出発地も目的地もEU圏内だったことからEU諸国は猛反発。ベラルーシに対して経済制裁を科しました。

 これに反発したルカシェンコ大統領が、難民を武器にして、EUに嫌がらせを始めたようなのです。

 というのも、押し寄せた難民は、いずれもベラルーシ政府からのビザを取得してやって来たからです。彼らの多くはイラクやシリア、アフガニスタンからトルコに逃げてきた難民たちです。あるいは、豊かなヨーロッパでの生活を夢見た移民希望者たちです。

 彼らが、どうしてベラルーシに来られたのか。実はベラルーシの国営旅行会社がベラルーシ行きのツアーを募集し、申し込んだ人にベラルーシ政府が簡単にビザを与えているからなのです。ツアー価格は日本円にして約25万円から50万円です。それを知った人たちが、地元で家や家財道具を売り払ってツアーに参加しました。「いったんベラルーシに入れれば、ポーランド経由でドイツに入れる」と考えたのです。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年12月9日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫