「オミクロン株」とは?|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第505回

池上 彰
ニュース 社会 政治 国際 医療

 新型コロナウイルスの新規感染者数が減って、旅行客が増えるなど、日本国内ではコロナ禍前に戻りつつあったのに、ここへ来て「オミクロン株」が発生。日本政府は原則として全ての外国人の入国を禁止し、水際で感染を防ごうとしています。やれ、やれ、また不自由な日々が続くのかとがっかりしている人も多いでしょうね。年末年始はどうなるのか。

 オミクロン株は南アフリカで見つかったのに、なぜ南アフリカ以外の国からの人も入国禁止にしたのでしょうか。それは、オミクロン株が南アフリカで生まれたとは言い切れないからです。

 アフリカ諸国は医療機関が貧弱なところもあり、コロナ患者の把握が十分できていませんが、南アフリカには専門の研究機関もあるため、新しい変異株だと気づけたのです。

 つまり、各国に感染が広がっているのは、南アフリカ発祥とは限らないのです。他国で誕生した変異株のウイルスが南アフリカで発見されただけかも知れないからです。そこで、南アフリカやその周辺諸国だけでなく、世界中を対象に“鎖国”に踏み切ったというわけです。

 そこで今回は、改めてコロナウイルスについておさらいをしておきましょう。

 コロナウイルスは、「スパイク」と呼ばれるトゲトゲがいっぱいあって、これが人間の細胞の表面の受容体に、いわば刺さるような形で取り付き、細胞内に侵入します。いったん侵入に成功すると、細胞を乗っ取り、自分のコピーを大量に作らせます。細胞がウイルスでいっぱいになると、細胞を破って外に出て、さらに別の細胞に向かっていきます。

 人間の免疫は、「ウイルスが入ってきた!」と緊急事態を知らせ、ウイルスと戦いますが、このとき高熱を発し、細胞が炎症を起こしたりして、発病します。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年12月16日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫