週刊文春 電子版

ロシア軍、ウクライナ侵攻?|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第506回

池上 彰
ニュース 社会 政治 国際

 ロシア軍が新年早々にもウクライナに侵攻する準備をしている。最大17万5000人を動員した本格的な軍事侵攻の計画だ。

 これは、アメリカの情報機関がまとめた報告だとして、今月3日、アメリカの「ワシントン・ポスト」が報じたニュースです。

 なんと、いまの時代に、まるで第二次世界大戦のような危機が迫っているというのです。この情報を裏付けるかのように、ロシア軍はすでにウクライナとの国境沿いに約12万人の兵力を集結させています。

 現代は、宇宙の偵察衛星によって地上の兵力の移動は丸見え。ロシア軍は、大規模な兵力の移動を見せつけて、ウクライナに圧力をかけているのです。

 もしロシア軍が軍事侵攻したら、アメリカはどうするのか。この情勢に危機感を抱いたアメリカのバイデン大統領は、今月7日、ロシアのプーチン大統領と電話会談をして、軍事侵攻を思いとどまるように求めましたが、成果を上げることはできませんでした。

 いったい何が問題になっているのか。そもそものきっかけは2014年2月のことです。ロシア寄りの姿勢を強めていた当時のヤヌコビッチ大統領の政治に反発した人々が首都キエフでデモを繰り広げ、これを弾圧しようとした治安部隊と衝突した結果、ヤヌコビッチ大統領は失脚。ロシアに亡命しました。

 大統領が逃げ出した後、ヤヌコビッチが莫大な資産を貯め込んでいたことが判明。大統領の広大な自宅が一般に公開され、腐敗政権ぶりが明らかになりました。

 大統領が逃げ出した後に成立した新政権は、反ロシア・親EUの姿勢を見せます。

 これにロシアのプーチン大統領は猛反発。ウクライナ領のクリミア半島に軍を送り込み、住民投票をさせてロシアへの併合を決めてしまいます。クリミア半島に送り込まれた兵士たちには何の記章もなく、ロシア軍ではないかのように振舞い、プーチン大統領もロシア軍ではないと否定しました。

 しかし1年後、実際はロシア軍であったことを認め、EUやNATO(北大西洋条約機構)が妨害に出ることを予測して核兵器を用意していたことを認める発言をしました。これには世界が驚愕したものです。

 なぜロシアはクリミア半島を占領したのか。それは、もともとクリミア半島がロシア領だった歴史があるからです。ところが1954年、当時のソ連のフルシチョフ第一書記がクリミア半島をウクライナに編入します。クリミア半島は温暖な気候で人気の場所。ウクライナ人だったフルシチョフがウクライナの機嫌を取ろうとしたと見られています。

 ロシアもウクライナもソ連の一部だったときには問題がありませんでしたが、1991年、ソ連の崩壊によってウクライナが独立すると、ロシアにとってクリミア半島は別の国になってしまい、不満が高まっていました。プーチン大統領は、ウクライナの混乱の隙をついて自国領にしてしまったのです。

東部を親ロシア派武装勢力が支配

 さらにウクライナ東部に住む親ロシア派住民が武装して蜂起。ウクライナ政府軍と内戦状態に突入します。ロシアと国境を接するウクライナ東部にはロシア系住民が多数住んでいたからです。

 親ロシア派武装勢力をロシアが支援。親ロシア派武装勢力はウクライナ東部に自称「ドネツク人民共和国」と自称「ルガンスク人民共和国」の建国を宣言します。もちろん国際社会は国家として認めていません。

 こうなると、ウクライナの現政権のゼレンスキー大統領は、ロシアの脅威から自国を守るためにNATOに加盟しようとします。NATOは集団的自衛権の組織。NATO加盟国が他国の侵略を受けた場合、アメリカをはじめとするNATO諸国の軍隊が防衛してくれるからです。

 しかし、プーチン大統領にとって、ウクライナがNATOに加盟することは悪夢です。ウクライナにアメリカ軍やドイツ軍が駐留することになるからです。ロシアとしては、自国と国境を接する場所に、自分の言うことを聞く国がないと不安です。他国の侵略からの緩衝地帯にしたいのです。

 一方、ウクライナの西側に位置するポーランドにしても、ウクライナがNATOに加盟してくれれば、ロシアとの間の緩衝地帯になります。

 こんな状況が続いていたのですが、今年10月、情勢が変わります。ウクライナ政府軍が、親ロシア派武装勢力に対して、トルコ製ドローンを使って攻撃を仕掛けたからです。内戦が長引き、国民の支持が下がってきたことに焦ったゼレンスキー大統領による反撃と見られています。

 これにプーチン大統領が敏感に反応します。実は親ロシア派武装勢力が支配している地域のロシア系住民の多くが、ロシア国籍を取得していたからです。もしロシア国民が住む地域がウクライナ政府軍によって占領されてしまうと、「自国民を保護できなかったではないか」とロシア国内で批判が高まります。

 そこで国境沿いにロシア軍を増強しているというわけです。これが脅しとなってゼレンスキー政権が攻撃を止め、NATO加盟の動きも取りやめれば、ロシア軍としてもウクライナ侵攻を思いとどまるでしょうが、ゼレンスキー政権が方針を変えなければ、本格的な戦争に発展する危険性があります。

 ここで困るのがアメリカです。ウクライナは、まだNATOに加盟していないので、ウクライナを軍事支援するわけにもいきません。ロシアとの間で全面戦争になりかねないからです。ロシアに対して制裁を発動する程度のことしかできないでしょう。それではアメリカは頼りにならないということになります。

 アメリカへの世界の信頼が揺らぐことなく、戦争に発展しない道はあるのか。年明けが心配です。
 

イラストレーション 3rdeye

source : 週刊文春 2021年12月23日号

文春リークス
閉じる