池上彰×小林武彦 死と老化のメカニズムに迫る

池上彰のそこからですか!?新春スペシャル対談

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル 医療 ヘルス

 新たな死生観を示した『生物はなぜ死ぬのか』がベストセラーとなっている小林武彦教授。その研究によって理想的な死のモデルが見えてきた。すべての生物の起源から、コロナや、人類の将来まで池上彰と語り尽くす。

 

小林武彦/こばやしたけひこ 1963年生まれ。九州大学大学院医学系研究科修了。専門は、分子遺伝学、ゲノム再生学、分子生物学。東京大学定量生命科学研究所教授。生物科学学会連合代表。著書に『DNAの98%は謎』など。

 

池上彰/いけがみあきら 1950年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。ジャーナリスト。東京大学定量生命科学研究所客員教授。著書に『「独裁者」の時代を生き抜く27のヒント』など。

池上 小林先生の『生物はなぜ死ぬのか』は10万部を超えたそうですね。超高齢社会で終活を考える人も多いし、コロナ禍で死を身近に意識する人が増えました。手に取りたくなる本です。

 

小林 なぜ死ぬのかという謎を解くカギは、まず「進化が生物を作った」ことを理解することが必要です。人類はポッと現れたわけではなくて、わずか600万年ぐらい前、世代で言うと30万世代ほど遡ったら、ゴリラやチンパンジーと同じ祖先です。さらにそのまま38億年前まで遡ると、地球上のすべての生物が、同じひとつの細胞にたどり着きます。私たちの人生の長さでは、なかなか感覚的に捉えにくい話ですけど。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年12月30日・2022年1月6日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫