週刊文春 電子版

無料公開中

「最後まで闘いたい」アントニオ猪木が語った闘病生活

スクープ速報

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 スポーツ

 11月27日放送の「燃える闘魂 ラストスタンド~アントニオ猪木 病床からのメッセージ~」(NHK・BSプレミアム)で「全身性トランスサイレチンアミロイドーシス」という自らの病名を明かしたアントニオ猪木(78)が、「週刊文春」の取材に応じ、現在の心境を語った。

スポーツ平和党代表時代。左は江本孟紀氏(1992年)

治療法が確立されていない難病に

 猪木の抱える病気は、タンパク質由来のアミロイドが心臓をはじめとする全身の臓器に沈着する難病で、重症化すれば生命を脅かす恐れもあるという。国内の患者数は約2000人。100万人に数人が罹るとするデータもある。猪木は2018年に発症し、闘病生活を続けている。

「知られていない病気だけど、おそらく苦しんでる人はもっと多いんじゃないかな。治療法が確立されていない上に、何の薬を飲めばいいのかも分からず、病院の先生方も困っている。(公表して)病気が広く認識されることで、少しでも研究が進むきかっけになればいい」

入院中の猪木(YouTubeより)

 闘病のつらさを、猪木はこう語る。

自らに問いかけてきた「生かされている意味」

「今までに何べんか『もうこれでいいかな』って思うくらいの気持ちになったことがあったんです。寝てもだめ、立っていてもつらい。そういう感じなんでね。一日が終わると、やれやれ今日も……と。みんな『頑張ってください』って言ってくれるんだけど、本音を言えば『もう頑張るのはやめようよ』『楽にさせてよ』と(笑)。今はただその日、一日を楽に生きられればいい。そんなふうに思ってるんです」

 闘病生活の中で、身長が10センチ近く縮んでしまった猪木。8月に退院し、自宅で療養する中、自らに問いかけてきたのが、生かされている意味だという。

1976年には日本武道館でモハメド・アリと戦った

「今はしっかり両足をつけて、私らしく最後まで闘いたい」

「誰にでもいつかはお迎えがくるわけで、その時までに何のために生きるのかが重要なこと。いろんな病院の、いろんな天井とにらめっこしながら、自問自答を繰り返してきました。なぜ自分がこの世に生を受けたのか。生きながらえた自分に課せられた役割とはなんなのか。まだ結論は出ていませんが、今も答えを探し続けています」

 

 “元気があればなんでもできる”という台詞をトレードマークにしてきた猪木。「その言葉が嘘じゃないってことをひとつひとつ証明しなくてはならない。まだ時間はかかりますが、今はしっかり両足をつけて、私らしく最後まで闘いたい」と語った。

 病床で思いをめぐらした生と死、現在の日常、そして今の政治に対する思いなど、インタビューの詳細は、12月1日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」、及び12月2日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

source : 週刊文春 2021年12月9日号

文春リークス
閉じる