週刊文春 電子版

ラジオ降板決意 伊集院光が許せなかったあの事件

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「伊集院さんが朝のラジオ番組を来年3月いっぱいで降板することを決意。すでに局側にも伝えています」(番組関係者)

 “ラジオの帝王”とも称される伊集院光(54)がTBSラジオの看板番組「伊集院光とらじおと」(毎週月~木、8時半~11時)のパーソナリティに就任したのは、2016年4月のこと。

「30年続いた長寿番組、『大沢悠里のゆうゆうワイド』の後継として鳴り物入りでスタートしました。TBSとしては固定客の多い朝の時間帯をトーク力抜群の伊集院さんに任せ、『おじいさんになるまでやってもらいたい』という心づもりだった」(TBS関係者)

 伊集院は同局で毎週月曜に「伊集院光 深夜の馬鹿力」を25年以上も続け、聴取率を牽引してきた“TBSラジオの顔”。そんな功労者がなぜ番組をやめなければならないのか。

落語家からDJに転向してブレイク

 事の発端は、今年9月に「女性セブン」が報じたパワハラ疑惑だ。

「月曜アシスタントの新井麻希アナ(39)に対し、伊集院さんが『いま新井は降板スレスレのラインだからな!』と言い放つなど“パワハラ”をしていると報じたのです。さらにスタッフへの高圧的な態度も問題視されていると」(同前)

 ただ、局内からは伊集院をかばう声も上がる。

「伊集院さんは非常にストイックで“ラジオ愛”が強く、ハガキ選びなどにも何時間もかける。特に月曜は深夜3時まで生放送をした後、局の床にマットレスを敷いて仮眠をとり、翌朝の放送に備えるほど。また、期待して可愛がっている後輩の面倒見もよく、新井アナもその一人だったはずです」(前出・番組関係者)

新井麻希アナ

 しかし、伊集院との関係に悩み、スタッフにも相談をしていた新井アナは9月に降板を申し出た。

「伊集院さんは『ええ! 頑張って続ければいいのに』と驚いていた。そんな矢先、『女性セブン』の記事が出たため絶句。『こういう露出をするのか』とショックを受け、ストレスで胃腸炎も患うなどかなり弱っていました」(同前)

 そして11月2日、東スポWebが「伊集院光のラジオ『来春終了で調整中』」と打ったのだ。

「記事では局側が引導を渡したように書かれてましたが、伊集院さんが悩んだ末に自ら降板を決めた。一方的に“パワハラ”と報じられたことが許せず、局やスタッフに不信感が芽生えたようです」(同前)

TBSラジオの三村孝成社長

 局側は慰留しており、後任も決まっていないというが、伊集院の意志は固いという。象徴的なのが11月22日の放送で、伊集院が所属するホリプロの創業者・堀威夫氏がゲスト出演した際のこと。

「堀さんは出番の終わりに『身体に気を付けて、長く続けてください』と話しかけたそうですが、伊集院さんは微妙な顔で、良い返事をしなかった。今後も決意は変わらないでしょう」(ホリプロ関係者)

 12月6日、本人の意思を確かめるべく、番組前の伊集院を直撃。小誌記者の名刺を見ると「フッ……」と笑い、何も言わずに迎えの車に乗り込んだ。

 TBSラジオは番組の終了について「個別の件に関してはかねてからお答えしておりません」と回答。ホリプロは「私どもとしてはお答えすることはございません」とのみ答えた。

 TBSとの周波数が合わなくなっている。

TBSラジオは今年、聴取率1位から陥落

source : 週刊文春 2021年12月16日号

文春リークス
閉じる