週刊文春 電子版

さだまさしが漏らした“地獄” 平川唯一次男が「カムカム英語は60歳からでも遅くない」

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を10倍楽しむ10の秘密

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「ラジオから流れる声を聞いた瞬間、涙が出て、思わず『ダディが出てきた!』と言ってしまいました」

 そう喜ぶのは、ラジオ英語講座「カムカム英語」の講師を務めた平川唯一氏の次男・平川洌(きよし)氏。劇中では、歌手のさだまさし(69)が唯一氏を演じている。

 キャスティングの理由を制作統括の堀之内氏が語る。

「平川さんは、ラジオで英語を教えたいというより、敗戦で落ち込んだ日本人の心を明るくしたいと講師を務められた方。さださんもコロナ禍でいち早く『緊急事態宣言の夜に』という歌を発表したり、医療物資を寄贈したりしてこられた。現代の平川さんだなと思ったんです。あと、外見も似ていらっしゃる。ただ、『英語の講師役』というのにはご本人も苦笑いされていました(笑)」

 洌氏自身も、講師としてカムカム英語を教えてきた経験を持つ。さだの“英語力”をどう見ていたのか。

「今年の夏に、さださんから『お父さんの話が聞きたい』と連絡が来て、お会いしました。今も電話でお話ししたりしていますが、父の真似を上手にされているなと思います。ただ、さださんは『英語が大変で私は毎日地獄ですよ(笑)』とおっしゃっていました。正確に言えば、発音の差などはありますが、『ドラマだから許してよ』とも言われていまして、その努力に私は敬意を表したいです」

「カムカムおじさん」の声を演じた(写真 NHK提供)

 英語指導を担当したネイサン・ベリー氏もこう語る。

「ミュージシャンで耳がとても良い方なので、現場で私が話した英語をそのまま再生できる能力が非常に高かった。リズム感もあるので、英語のアクセントを上手く掴んでいましたね。もちろん、そのまま真似するだけでなく、さださんなりの平川さんの口調に置き換えて話していました。『カムカムエヴリバディ』の歌も本当に上手でしたが、あの歌を英語で歌うのは結構難しいと思います」

 では、これまで英語とは縁のなかった高齢の人でも、さだのように話せるようになるのだろうか。

「父はよく『英会話は勉強ではない、遊んでやるものだ』と言っていました。年配の方は勉強だと思ってつい構えてしまいがちですが、そういう方こそ、耳から入った英語を口真似する、カムカム英語で学んで欲しいですね。これは父が考案したのですが、日本人が苦手な『r』を発音する時は最初に『ウ』を言えば、うまく行く。まずは楽しく声を出すことです。60歳からでも決して遅くはありません」(洌氏)

 ベリー氏と共に英語指導を担当した塩屋孔章(よしあき)氏にも学習法を尋ねると、

「劇中でラジオから流れてくる英語や、城田優さんのナレーションも時々英語が出てくるので、口真似してみるのはアリです。ドラマに関する英語が学べる『ラジオで!カムカムエヴリバディ』(NHKラジオ第2)も並行してやっているので、そちらも楽しんでみてはいかがでしょうか。あとは英語をアウトプットする機会を設けることです」

 あなたも、レッツカムカムイングリッシュ!

source : 週刊文春 2021年12月23日号

文春リークス
閉じる