朝ドラ史上最年長ヒロインを演じる深津絵里(48)。そんな彼女はチャーミングな雰囲気とは裏腹に――。

13年ぶりに連ドラ出演(写真 共同)

 97年の「踊る大捜査線」(フジテレビ系)で恩田すみれ役を好演してブレイクした深津。10年の映画「悪人」でモントリオール世界映画祭最優秀女優賞を受賞するなど、いまや日本を代表する女優だ。

 橘金太役の甲本は、「踊る大捜査線」で共演した深津を絶賛する。

「いつも本当に穏やかな方で明るい。一緒に芝居をしていると、セリフを意識しなくても、自然と出てくるくらい、その世界観に引き込ませてくれる女優です」

「ザ・マジックアワー」(08年)などで深津を起用してきた三谷幸喜監督も、雑誌「ぴあ」(08年5月23日号)のインタビューでこう語っている。

「深津さんは歌でも芝居でもカンのいい人。(アドリブでも)絶対に笑わない。NGも出さない。もう鉄の女。絶対に崩れないタイプ」

 他方で、近年の深津と言えば、流行りのSNSで情報発信もしなければ、番組宣伝などバラエティに出演することもめったにない。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年12月23日号