週刊文春 電子版

無料公開中

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」 “安子の義父”段田安則が語る「上白石萌音」「松村北斗」「村上虹郎」

スクープ速報

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「朝から泣ける」との声が相次いでいるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)。上白石萌音(23)が初代ヒロインを務める「安子編」がいよいよクライマックスに差し掛かる中、安子の義父・雉真千吉を演じた段田安則(64)が「週刊文春」の取材に応じ、共演者との交流など撮影秘話を明かした。

段田安則(写真 NHK提供/総合、月〜土曜午前8時ほか)

 段田は1957年1月24日生まれ、京都市出身。1981年に野田秀樹氏が主宰する劇団「夢の遊眠社」に入団し、1992年の解散まで主力俳優として活躍した。1996年にはNHK連続テレビ小説「ふたりっ子」で双子の主人公の父親役を好演。昨年放映の「半沢直樹」(TBS系)でも半沢とぶつかる常務役を熱演し、話題を呼ぶなど、日本を代表する名バイプレイヤーである。

子役全員の面倒を見て遊んであやしていた上白石に感心

――段田さんが演じた千吉はどんなキャラクターでしたか?

「時代は日中戦争が始まる前、一代で雉真繊維を築き上げた人で、今の父親像とは違いますよね。ただ、会社経営者として厳格でありながら、家族を愛する人です。2人の息子を大学まで進学させ、いい子に育っている。ちょっと妻の美都里(YOU)が不思議な感じですけど(笑)」

――初代ヒロイン・安子を演じた上白石萌音さんの印象は?

「上白石さんとは、2年前にNHKのBSドラマ『令和元年版 怪談牡丹燈籠』で共演させてもらいました。萌音ちゃんはオバケの役でね。それが初めての共演で、今回は2度目です。彼女は芝居もとても良くて、息子の稔(松村北斗)と結婚してもらいたいと思える義理の娘を演じてくれました。

歌手としてCDも出す上白石(写真 NHK提供/総合、月〜土曜午前8時ほか)

 感心したのは、安子の娘のるいが赤ん坊の頃、子役が何人かいたときのことです。本当は撮影の合間にセリフの練習をしたいだろうに、子役全員の面倒を見て遊んであやしていた。普通は、本当のお母さんやスタッフの方がそばにいて、面倒を見ることが多いはずなんです。萌音ちゃんに『疲れるだろう?』と聞くと、『いいんです。子どもが好きなんです』と答えていました。おかげで子どもたちもすっかり懐いていて。画面上でも本当の親子のように見えたのではないでしょうか」

――千吉の長男・稔役の松村北斗さんはいかがでしたか?

「稔と安子ちゃんがどうなるか。ここが序盤の一番ワクワクするようなところかと思いました。親から見ると、稔はまだまだ学生で頼りない部分もありましたが、松村くんはあの時代の大学生を好演していたと思いますね」

千吉がしゃべり過ぎていたからセリフをカットしたあのシーン

――稔と安子との結婚を認めて、稔を神社にいる安子のところへ連れて行くシーンが印象的でした。

「今回の朝ドラは、明日はどうなるの?という部分を残しながら次の日に繋げていく形が多かったと思います。神社のシーンは、もともとの台本では、千吉がいろいろとしゃべり過ぎていたんです。それで、僕から『このセリフはカットしたほうがいいんじゃないですか?』と演出家の方に言って、『そうですね』と短くなった経緯があります。実際、放映されたのは、僕が言ったセリフよりもっと短くなっていましたね(笑)」

出会った頃の稔さんと安子(写真 NHK提供/総合、月〜土曜午前8時ほか)

――具体的にはどうしゃべり過ぎていたのでしょうか?

「最初の台本には、『銀行の頭取の娘さんには、何とか(結婚を断ることを)分かってもらった。娘さんのほうも“結婚してすぐ戦争に行くような人は嫌だ”と渋っていた』みたいなセリフが書いてありました。ただ、千吉としては、そのことを稔と安子ちゃんに伝えなくても、もういいんじゃないかと思ったんですね。相手がどうこうではなく、稔自身で安子ちゃんを選んだわけですから」

――次男の勇を演じた村上虹郎さんとのエピソードはありますか?

「松村くんに比べると、村上くんとは一緒のシーンがたくさんありましたね。撮影の合間で、萌音ちゃんや村上くんたちと謎解きをした思い出があります。『川に鯉と鮒が泳いでいて、靴が流れてきました。靴を履いていたのはどっち?』など、いくつか出しました。答えは鮒です。『鯉(恋)は履かない(儚い)から』。誰も正解しなかったんじゃないかなぁ。正解を聞いても、萌音ちゃんが一番ピンと来てなかったかな(笑)」

“勇ちゃん”の優しさは読者からも厚い支持(写真 NHK提供/総合、月〜土曜午前8時ほか)

――妻・美都里を演じたYOUさんとのやり取りはいかがでしたか?

「もう35年くらい前でしょうか、彼女が20歳くらいのとき、『夢の遊眠社』の舞台に出てくれたことがあって。他にも、ドラマを1本2本一緒にやったことがあったので、現場では昔の思い出話とかしていましたね。あと、彼女は『K-POPにすごくハマってるんですよ』みたいな話もしていました。私はK-POPは詳しくないのですが(笑)。ただ、朝ドラみたいに撮影が長いと、家族同士で食事行きましょうか?ということもあるんですけど、コロナ禍で全然そんなこともなくて。あまり撮影所以外で会っていないので、普段より共演者の方と交流する機会は少なくなってしまいましたね」

――安子の父・橘金太を演じた甲本雅裕さんとは?

「『遺留捜査』というドラマで一緒でしたが、共演シーンはなかったんですね。今回が初めてでしたが、やりやすかったですね。『たちばな』の店内で、千吉が座っていた隣に金太が座るシーンがありましたが、あれは甲本さんが『金太は千吉の隣に座ったほうがいいんじゃないですか?』と言って下さって、『そうしよう』ってなりました。金太と千吉の心が通いあうような、良いシーンになったなと思いましたね」

祖父、祖母も交えた橘家の食卓(写真 NHK提供/総合、月〜土曜午前8時ほか)

――ネットなどで「千吉さんのスーツ姿が岸田総理に似ている」と言われていますが、ご自身では?

「丸顔とか細い顔とかいう括りだと似ているかもしれませんが、自分ではどこが似ているんだろうな?って感じなんですよ(笑)。高校球児が自分よりお兄さんだと思っていたのがいつの間にか年下になっていたと思うことがあるのと同じで、岸田さんは僕の1学年下なんですよね。総理大臣なんて自分より年上の人がやるものだと思っていましたが、自分のほうが上になっていて(笑)。僕は1957年1月生まれで、生まれ年は一緒なんですけど、学年は1つ下だったと思います(岸田文雄首相は1957年7月生まれ)」

深津絵里がるいをどう演じていくのか…この先の見所

――この先の見所を教えて下さい。ヒロインも上白石さんから深津絵里さんに代わります。

「千吉は最後まで、るいの額にできた傷を何とかしようといろいろと動く。孫のことをずっと案じていますね。少しだけ『るい編』をDVDで観ましたが、安子編とはまた違った面白さがあります。深津っちゃんは不思議な魅力を持つ方で、彼女があのるいを今後、どう演じていくのか……台本も自分が出る分までしかもらっていないので、一視聴者として、この先の物語をとても楽しみにしているんですよ」

るいと安子の未来は……(写真 NHK提供/総合、月〜土曜午前8時ほか)

 12月15日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び12月16日(木)発売の「週刊文春」では、「カムカムが10倍楽しくなる10の秘密」と題し、段田文則のインタビューのほか、堀之内礼二郎チーフプロデューサーが教える今後の見所や(秘)トリビア、“父”甲本雅裕が語る“娘”上白石萌音、YOUや濱田岳(橘算太役)が制作陣に投げかけた“意外な言葉”、さらに村上虹郎が明かす松村北斗や上白石との撮影秘話など、グラビアも含め、9頁にわたる大特集を組んでいる。

source : 週刊文春 2021年12月23日号

文春リークス
閉じる