週刊文春 電子版

ほんとうの新庄剛志 22億横領事件と金髪美女恋人

「おじちゃん刑務所行かな」

甚野 博則
エンタメ スポーツ

 15年ぶりに球界復帰し、早くもオフの話題を独占する新庄。その言動は非常識で、一見破天荒に映るトリックスター。だがその実、妙に生真面目で、義理堅い面を持つ。“ビッグボス”の軌跡を辿って見えてきたのは……。

 

(じんのひろのり 週刊文春記者。1973年生まれ。2006年から「週刊文春」記者。2017年に甘利明大臣への贈賄業者の実名告発で、2019年に片山さつき大臣の国税口利き報道で、2度「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」スクープ賞を受賞した。今号で「週刊文春」を卒業し、フリーランスに。)

監督就任会見で

「ご縁があって、監督として日ハムにお世話になることになりました」

 新庄剛志(49)が、日ハムの元球団役員・三澤今朝治(けさはる)に電話をかけてきてこう告げたのは、監督就任が発表される約1週間前、10月下旬のことだった。三澤は2003年オフ、当時ニューヨーク・メッツに在籍していた新庄に日ハムの統轄本部長として接触し、獲得への道を拓いた“恩人”だ。三澤に聞くと、

「コーチだったらあり得ると思っていたけど、監督になると聞いて驚いたよね」

 と率直な思いを口にする一方で、新庄のこんな義理堅い素顔を明かした。

「新庄は21年4月、私がやっている長野県の独立リーグの始球式に『恩返しがしたい』とノーギャラで駆けつけてくれましてね」

NYメッツで一時は4番に

 新庄はこのとき、初めてゴールデングラブ賞を獲った際の大切なグラブを、三澤に手渡したという。

 その新庄が札幌市内で監督就任会見を開いたのは11月4日のこと。ワインレッドのスーツに、10センチほどの高さにあつらえたシャツの襟を立てて登場し、「顔を変えずにチームを変えていきたいなと思います!」と整形手術の自虐ネタで会場を沸かせた。そうかと思えば、「優勝なんか一切目指しません。高い目標を持ちすぎると、うまくいかないと僕は思っている」と常識外の発言で周囲を煙に巻く。同30日のファン感謝イベントでは、球場内に白いランボルギーニ・カウンタックで登場。ドームの天井からゴンドラで降りてきた現役時代の「新庄劇場」を彷彿とさせた。

 破天荒のように見えて生真面目。常識外れだが昔気質の義理堅さを併せ持つ。新庄を知る人に取材をすればするほど、対極の二面性が浮かび上がる。一体どちらが「ほんとうの」新庄剛志なのか――。

 1972年1月28日。新庄は母・文子の実家があり、産婆をしていた祖母が住む長崎県対馬市の集落で産まれた。ブラウン管の向こうでは王貞治や長嶋茂雄らが躍動し、巨人が8連覇を達成した年だ。父・英敏も大の巨人ファンで、生まれたばかりの息子をプロ野球選手にしたいと強く願っていた。

2つ上の姉と

「剛志は、生まれてすぐに福岡に戻ったけど、幼い頃は2つ上の姉と二人で対馬に遊びに来てね。イカ釣りが得意で、船で釣りに行っては『おばちゃん獲ってきたよ!』と大きいイカを持って帰ってきてくれて」

 そう話すのは母方の親戚の一人、松村ルイコだ。

親戚の松村さん(左)と

「釣り針が剛志の指に刺さってしまったことがあってね。怪我したことで迷惑をかけると思ったのか、物陰に隠れて一人で泣いとった。急いでタクシーに乗せて針を抜いてもらってね。そのくらい周りに気遣いをする子だったですよ」(同前)

 新庄家は、博多駅から車で南に20分ほど行った先の長住(ながずみ)という街にあった。だが一家が長年過ごした木造平屋建ての借家を訪ねると、すでに7年ほど前に取り壊されたという。幼い頃の新庄を知る近所の住民は、「家の前でよく父親とキャッチボールをしとった」と懐かしんでいた。

 18歳から植木職人をしていた父は、新庄が誕生した年に福岡で独立、「新庄造園」を開業する。

「お父さんは庭先に停めていたトラックに乗って、朝早く仕事に出とった。気さくな人でね」(同前)

 ありし日の新庄家には、友人や親戚が集い、庭先でバーベキューをしたり、対馬産のサザエを焼いたりする賑やかな光景があった。

 新庄自身も、家族について度々言及している。例えば18年に出版された自伝『わいたこら。』(九州の方言で「なんじゃこりゃ」の意)の中で、〈「超貧乏」だった子ども時代〉と題し、〈うちには朝ごはんというものがなかった〉、〈晩飯のおかずは、ゆで卵1個。親父は特別に2個〉と綴っている。同著によれば、家や車のガラスは割れており、冬はビニール袋をはって塞ぐなど、極貧生活だったそうだ。

 だが、取材を進めると、違和感が募る。

 近所の住民や知人たちの話では、父は毎晩のように近所の居酒屋で飲み明かし、幼い新庄をしばしば酒場に連れ歩いたという。

「新庄家は特別裕福ではなかったけど、家族で外食に出かけることもあれば、野球のスパイクを買ってあげたりもしていた」(同前)

 母は、躾に厳しい人だった。友達と遊んで帰りが遅くなった新庄を、木刀を片手に玄関先で叱りつけたこともあるという。

 幼少期からずば抜けた運動神経を持っていた新庄は、小学1年から始めたサッカーや野球はもちろん、他のあらゆるスポーツでも抜群の存在感を見せた。

 中学で新庄と同じ野球部だった宮園智晶が明かす。

「お正月に野球部が朝4時に集まって初日の出を拝むマラソンがあるのですが、新庄はいつも1位でした」

 一方で当時からファッションも独特だった。

「練習終わりに長丘バッティングセンターに行ったとき、新庄は裸に黒のシースルーを着てきた。地肌が透けて見えるんです。そんな着方もあるのか、と驚きました」(同前)

 中学を卒業すると、八女市にある私立西日本短大附属高校(西短)に進学。意外にも野球の特待生ではなく、一般入学だった。野球部で寮生活を送る新庄には、学費の他に寮費もかかったが、父は日課だった居酒屋通いを控え、約1時間ドライブをして連日息子の練習を見に来ていた。

西短時代

「実のところ、プロへの近道になる高校を熱心に調べ、進学先を決めたのはお父さんでした。西短は寮の目の前に専用球場があるなど設備面でも充実していた。監督や指導者のことも相当熱心に調べられたそうです」(中学時代の関係者)

 新庄が入学した年は、30名ほどの新入部員がいたが、最後まで残ったのは半分にも満たなかったという。

 新庄は自伝で、高校時代の武勇伝を明かしている。先生をぶん殴ったというのだ。だが、当時その場にいた同級生に聞くと「確かに美術教師に掴みかかろうとしたのは事実だが、実際には殴るところまではいっていない。そんなことをしたら停学か、下手すりゃ退学です」という。掴みかかろうとした発端も、その教師が誤解に基づいて女生徒を叱り続けていたのを新庄が庇ったからだ。野球部で上級生になっても、後輩をイジメるようなことは決してしない、優しい男だった。

 当時、西短で野球部のコーチだった江口祐司(現・筑陽学園監督)が語る。

「彼が入ってきた時は、とにかくその肩の強さに驚きましたね。『なんでそんなに肩が強くなったとや?』と聞いたら、『(父と)造園の仕事に行ったときに、石をよく投げていたからです』と言っていたことがある。

 夕食後、食堂のテレビの前にユニフォーム姿の部員が集まって、よく『ザ・ベストテン』を見ていました。その中に新庄もいましたが、彼は手にバットを持っていた印象がある。テレビを見終わった後、一人で練習していたのかもしれません」

 寮の自動販売機の前にはフリーウエイトのトレーニング器具が置かれ、新庄は、いつもそこで、黙々とトレーニングに励んでいた。

 1番・センターでレギュラーを張ったが、甲子園出場の夢は一度も叶わなかった。それでも、ドラフト前は自信満々だった。

「勉強はさっぱりだったあいつが、珍しく授業中に熱心にノートを取っていたんです。でもよく見ると、自分のサインを書きまくっていました」(別の同級生)

 89年11月のドラフト会議。野茂英雄が8球団から1位指名を受ける中、新庄は阪神から5位指名を受けた。入団を決め、すぐに甲子園の脇にある合宿所「虎風荘」に移り住む。

 

 プロになって間もなく、新庄は後輩たちのいる西短を訪れたことがある。その際、わざわざ寮に高級ブランデー「ヘネシー」を持参し、自分を育ててくれたコーチらにお礼を述べた。

ファンレターへの返事を代筆

 入団数年後、レギュラーに定着した頃の新庄が、地元・福岡に帰り、後援会関係者らのパーティーに出席したときのこと。中学時代の監督がこんなスピーチをしたという。

「もっと喋り方を勉強しなさい」

 マイクの前で何をどう話すかをプロ選手ならちゃんと研究しろ、ということらしい。父は02年に上梓した自著『大リーガー「新庄剛志」の育て方』の中で、この言葉が新庄の発奮材料になっているのだろうと記した。つい先日、新庄が日ハムの選手らに「ヒーローインタビューで“そーですね”は禁止!」と言った原点がここにある。

日ハム時代

 遠方で暮らす息子を心配した母・文子は、兵庫に住む自分の姉・瞳に息子の世話を託した。瞳と、その夫・竹中萬治郎は、甥っ子を我が子同然に可愛がり、面倒をみた。だが、この出会いが後に新庄の人生を大きく狂わせることになる。

〈38歳のとき、僕の人生は一度終わってしまった〉

 前述の自著『わいたこら。』の中で、新庄は「母方の知り合いのAさん」に20億円以上の金を使い込まれたと記している。このAさんこそ、竹中萬治郎だ。

 兵庫で建設業や不動産業を営んでいた竹中は、当時マスコミ嫌いだった新庄に代わって取材の窓口を務めた。“新庄の大阪の父”と公言し、タレントの大河内志保との交際や結婚についてもメディアにコメントを出し、二人の婚前旅行にも同行。7年間交際した大河内との婚姻届を提出した00年12月27日も、新庄の隣にいたほどだ。

 新庄は自身の資産を管理するため、93年に「剛ゴーエンタープライズ」社を設立。登記上の事務所は竹中の会社が所有する建物に置かれ、金銭管理を信頼する竹中夫妻に任せた。06年の球界引退後も、テレビやCMに出演、大阪の企業と組んで「ゲルマニウムブレスレット」を開発するなどして大金を稼いでいた新庄。だが、竹中と新庄の間に金銭トラブルが勃発する。発覚のきっかけは、引退翌年、07年の離婚劇だった。大河内への慰謝料を支払うため、新庄が剛ゴー社の口座を確認すると、ほとんど残高がないことが判明したのだ。竹中は経営不振だった自社の赤字を、剛ゴー社から補填していた。

 竹中の親類曰く、新庄は当時、竹中を喫茶店に呼び出して、こう告げたという。

「おじちゃん、自分が(刑事事件として)告発したら、刑務所に行かなあかんねんで。金を返してくれ」

 だが、無い袖は振れない。そこからドロ沼訴訟に発展した。竹中の陳述書によれば、借入についてはすべて新庄に報告していたというが、新庄は「知らない」と反論。当時、新庄の愛車として報道されていたランボルギーニ・チータやベンツは、実は新庄の友人からの借り物だったこと、子供からのファンレターの返事もたびたび竹中が書いていたこと、97年に発覚して多くの選手が処分された「プロ野球選手脱税事件」のとき、新庄は、阪神の選手から税金が安くなると聞いて、脱税を指南する税理士に代えると言っていたこと、竹中がこれを阻止したことなどが法廷で明かされた。さらに竹中は、07年に離婚した大河内との、「冷え込んだ夫婦間の話し合いにも自分は尽力した」などと私生活まで暴露した。

 竹中の親類が振り返る。

「萬治郎はあちこちで新庄君を『自分の息子や』言うて、彼の名前を使うて商売しようとしてた。萬治郎は会社で建てたゲストハウスを勝手に使うて、新庄君を住まわせたりもしていた」

 記者が「新庄さんは自著で、22億円を使い込まれたと明かしているのですが?」と問うと、この親類は即座にこう否定した。

「萬治郎は、なんやかんやで(自分の経営していた)会社の金を、全部で10億円以上は横領していた。ただ、新庄君のお金を22億円使い込んだってことは絶対ない。彼のお金からの横領額でいえば、2億円あるかないかやと思います。あの時、萬治郎から『新庄が金返せと言うとるけど誤解なんや』と泣きつかれて、私らが萬治郎に8000万円を貸しました。その金は新庄君への返済にあてたはずです」

 結局、竹中は会社を計画倒産させた後、自己破産。裁判は、判決が出ぬまま10年に終了した。

 ゆで卵1個の極貧生活から巨万の富を手にするが、伯父の裏切りで一文無しに――。自著でそんな波乱万丈の人生を描いた新庄だが、何故かこの竹中を刑事告発することはついぞなかった。

 竹中に代わって新たな支援者となったのが、竹中との関係清算に尽力した人物・Xである。

「キャバクラや飲食店を経営するXが、萬治郎の会社に突然乗り込んできて、新庄の債権回収に動いた。その過程で、Xの関連会社も萬治郎の会社の所有不動産をうまく売るなどして、いくらか儲けたはずですわ」(別の竹中の親類)

金髪美女のKさんに電話

 裁判が終わった10年に、新庄はXの勧めもあって物価の安いバリ島へ移住。最愛の父・英敏が食道がんで他界したのは、翌11年8月だった。享年70。葬儀のために新庄もバリ島から緊急帰国した。親戚の裏切りと最愛の父の死。それでも新庄は、通夜に出席した同級生に、「暗いのが好かんけん、明るく送りたい」と話し、17年間の現役生活を支えたグラブと、以前贈ったベルサーチのスーツを棺に納めた。

「萬治郎さん? 新庄の取材か? もう死んだよ」

 兵庫県宝塚市の川沿いに建つ古びたマンションを記者が訪ねると、管理人は迷惑そうに顔をしかめた。

 18年春、竹中は2LDKのリビングで突然倒れ、頭から血を流したまま亡くなっていた。居間には、その2年ほど前に亡くなった妻・瞳のお骨と位牌が置かれたままになっており、部屋の片隅には、サイン入りバットやゴールデングラブのレプリカなど、新庄グッズが大量に残されていた。

 離れて暮らす母に新庄が久しぶりに電話をかけたのは昨年のことだ。

「お金、送ろうか」

 そう気遣う新庄に、気丈な母はこう答えたという。

「金なんて、いらん!」

 妻もおらず、母親とも疎遠になっている新庄。

「あいつは寂しがりで、食事も一人で食べることを嫌う。誰かといつも一緒にいたがるタイプやった」(知人)

 そんな彼がいま、多くの時間を共に過ごす人物がいるという。

「新庄はいま、都内である女性と同棲しています」

 そう明かすのは新庄の事務所関係者だ。愛の巣は港区の高級マンション。

「目鼻立ちやスタイルが日本人離れした金髪の美女、Kさんです。今30代前半ですが、元々は大阪のキャバクラで働きながら、ダンサーを目指していました。見た目とは裏腹に、とても礼儀正しい女性で、新庄は今後、新生活の拠点となる北海道の家でも、彼女と一緒に暮らす予定だと聞いています」(同前)

 彼女に新庄との交際について電話で直撃すると、何やら背後で男性とヒソヒソ相談した後、否定も肯定もせず、「何もお答えできることはありません」とだけ言った。

 ところが、12月12日に放送された『誰も知らない明石家さんま』(日本テレビ系)で新庄は、「シーズン中とか色んな女の子と遊ぶから。多分、フライデーとか凄いと思いますよ」と語り、独身生活を謳歌する“モテ男”のように振る舞った。これも新庄流の自己演出なのかもしれない。

 ただ、某紙の運動部デスクはこう困惑の声を洩らす。

「新庄の新春インタビューに、お金を要求されたのです。例えばスポーツ紙は20分で10万円でした。雑誌やバラエティ番組ではなく、通信社や新聞社など報道機関にまで取材に大金を要求する状況は異常です。新庄が所属する芸能系マネジメント事務所の意向だそうですが、今後も事あるごとに要求されるのでは、と各社戦々恐々としています」

 メディアを巻き込み、球界に新風を吹き込む“新庄劇場”。一方で、伯父を信じて裏切られた時と変わらぬ危うさも、また漂っている。

(敬称略)

source : 週刊文春 2021年12月30日・2022年1月6日号

文春リークス
閉じる