ほんとうの新庄剛志 22億横領事件と金髪美女恋人

「おじちゃん刑務所行かな」

甚野 博則
エンタメ スポーツ

 15年ぶりに球界復帰し、早くもオフの話題を独占する新庄。その言動は非常識で、一見破天荒に映るトリックスター。だがその実、妙に生真面目で、義理堅い面を持つ。“ビッグボス”の軌跡を辿って見えてきたのは……。

 

(じんのひろのり 週刊文春記者。1973年生まれ。2006年から「週刊文春」記者。2017年に甘利明大臣への贈賄業者の実名告発で、2019年に片山さつき大臣の国税口利き報道で、2度「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」スクープ賞を受賞した。今号で「週刊文春」を卒業し、フリーランスに。)

監督就任会見で

「ご縁があって、監督として日ハムにお世話になることになりました」

 新庄剛志(49)が、日ハムの元球団役員・三澤今朝治(けさはる)に電話をかけてきてこう告げたのは、監督就任が発表される約1週間前、10月下旬のことだった。三澤は2003年オフ、当時ニューヨーク・メッツに在籍していた新庄に日ハムの統轄本部長として接触し、獲得への道を拓いた“恩人”だ。三澤に聞くと、

「コーチだったらあり得ると思っていたけど、監督になると聞いて驚いたよね」

 と率直な思いを口にする一方で、新庄のこんな義理堅い素顔を明かした。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年12月30日・2022年1月6日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫