〈皆それぞれが、それぞれの道を歩んでゆくことになりました〉

 女優の浅野ゆう子(61)は12月6日、インスタグラムにそう綴り、27年間所属した事務所「アベベネクスト」から独立した心境を明らかにした。

 

 芸能記者が言う。

「事務所が11月末で解散したことに伴い、佐野史郎らと共に独立。浅野は10年来の担当マネージャーが設立した新会社に所属する。近年はドラマより舞台の比重が高く、2022年には2つの出演が決まっている」

 浅野の芸歴は47年に及ぶ。浅野の両親は浅野が3歳の時に離婚。母親は娘を宝塚に入れるべく、正座を禁止するなどしてそのスタイル維持に気を遣った。

「結局浅野は小学6年の時にスカウトされて上京したが、母親は足しげく東京に通い、浅野をサポートし続けた」(ベテラン芸能記者)

 1974年、13歳のときにアイドル歌手としてデビュー。だが、本人は「半年で歌手は諦めた」と語っている。当時彼女を何度も撮影したカメラマンの山内猛氏が振り返る。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年12月30日・2022年1月6日号