週刊文春 電子版

ヨネスケ73歳が語る「隣の晩ごはん」と別れた妻のこと

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「“隣の晩ごはん”を復活させようと思って。ところがコロナが全然収まらないから、まだ突撃できてないんですよ。今、ひとさまの家に突然入っていったらメチャメチャ怒られるでしょう。オミ……なんとかっていう変異だっけ? 早く収まらないもんかねえ」

 そう嘆くのは落語家のヨネスケ(桂米助・73)だ。

 

 彼の代名詞といえば、2011年まで、日本テレビの情報番組内のコーナー『突撃! 隣の晩ごはん』でおなじみだった、巨大シャモジを抱えて一般家庭の夕食を覗きに行く姿。

 20年に始めたYouTubeチャンネル「突撃!ヨネスケちゃんねる」で、ぜひそれを復活させたいと思っているが、コロナ禍の中、果たせないでいるという。

「あの番組では5000軒以上お邪魔しました。今も一般のご家庭のご飯を見せてもらう番組はあるけど、たいてい予定調和。僕のは文字通りアポなしの突撃だったからね。おばあちゃんがカメラから逃げ回ったり。その反応がウケたんですよ」

 本業である落語も、コロナでなかなか高座に上がれない時期が続いた。

「1年半、仕事が殆どない状況が続いたので、お金が入ってこなかった。ジッと黙って家に籠っているのは精神的にもキツかったね。涙脆くなっちゃってさ、ドキュメンタリー番組とか観てポロポロ泣いたり……」

 プライベートでは15年に離婚。今は都内のマンションで一人暮らしだ。

「散々悪さをしましたからね。10年以上家には帰らなかった。まあ、隣の晩ごはんをずっと食べていたということですよ(笑)。

 子供が三人いて、上から男、男、女。真ん中以外はもう結婚していて、たまに会って呑んだりします。子供たちからするとシングルマザーに育てられたと思っているはず。今、よく僕と会ってくれるなと思う。でも、嫁さんとは別れてから一度も会ってない。僕は会いたいけど……。

 芸人は“呑む打つ買う”も修業のうち、っていう時代に生きてきたけど、後になるほど申し訳ない気持ちが強くなる。許しては貰えないだろうけど、ちゃんと謝りたい」

 

 一人暮らしも6年。外出を控えて自炊する日々だ。

「自分で毎日作るのは味噌汁。出来合いの出汁は使わないです。昆布と煮干しで出汁を取って、具は大根が多いかな。煮干しはカルシウムだからそのまま食べちゃう。ご飯炊いて、茄子を乱切りにして、エバラ焼き肉のタレで炒めたものなんかをおかずにしてね」

 春先には、あわやコロナに罹ったか、と思う場面があった。もともと肺が弱いというヨネスケだが、検査に行ったら白血球が異常に多いことが判明した。PCR検査の結果は陰性だったが、即入院。翌月には胆石の手術も受けた。

「人並みに長生きしたい気持ちはあったけど、コロナで若い頃からの親友、三遊亭小遊三や、僕のことをアニキじゃなくて“ヨネ貴”と慕ってくれるTОKIОの松岡(昌宏)とも遊べなくなって。孤独に長生きしてもつまらないって考えに変わりました。一緒にメシ食いながら笑って話せるようなパートナーは欲しいなあって思う」

 4、5キロの散歩を日課にするなど、「突撃の再開」を視野に体力づくりにも余念がないという。コロナが収束した暁には、巨大シャモジを抱えたヨネスケがあなたの家に現れるかも!?

熱心な野球ファンとしても知られる。イチローと談笑

source : 週刊文春 2021年12月30日・2022年1月6日号

文春リークス
閉じる