週刊文春 電子版

株資産25億 ペ・ヨンジュンに俳優復帰を聞くと…

「週刊文春」編集部
エンタメ 国際 マネー 芸能

 トレードマークのマフラーとメガネの奥の優しい眼差し――2000年代初頭にドラマ『冬のソナタ』で日本の女性たちの心を鷲掴みにした“微笑みの貴公子”ペ・ヨンジュン(49)。世界を席巻する韓流ブームのパイオニアは今、芸能界とは異なる舞台で活躍中だ。

「心で覚えている人は、永遠に忘れないのよ」とは、『冬ソナ』の名台詞だが、「11年にチョイ役で出演したドラマが俳優としての最後の仕事。今は開店休業状態です」(在韓芸能記者)。

 ヨン様の全盛期は07年頃。『冬ソナ』後に主演したドラマ『太王四神記』の出演料は1話あたり約2400万円まで跳ね上がった。

「全24回でトータル5億7000万円超。これは韓国ドラマ史上最も高い出演料です。彼は06年に芸能事務所を設立し、収入やパブリシティを自ら管理してきました」(韓国に詳しいジャーナリスト・金珉廷氏)

『冬ソナ』関連で事務所が得た収益は04年から3年間で約86億円。9割が日本での収入だったという。

『冬のソナタ』DVD(NHK/VAP)

 こうして得た資金を元に、ヨン様は俳優業を休んで、株の投資に没頭していく。韓国の情報サイト「財閥ドットコム」によれば、20年の芸能人の株資産ランキングで5位、総額25億円以上となっている。

「今やヨン様の成功に続こうと、株に乗り出す芸能人が増えています」(同前)

『冬ソナ』では「本当に好きな時は理由なんてないんですよ」という名台詞があるヨン様だが、最近好きな投資先は新興技術のようだ。

「18年にはブロックチェーン事業の開発企業に投資し、自らも共同代表となっている。ここで開発された暗号資産は『ヨン様コイン』と呼ばれています」(同前)

 20年7月にはeスポーツの専門企業に投資。さらに21年11月には韓国のエリート大学出身者らが立ち上げた、AIによる空調管理機器を開発するスタートアップ企業にエンジェル投資家として参加している。

 韓国では新規公開株の購入がブームとなっており、ヨン様の先行投資には既に収益が見込まれるものも。

「ハリウッドなどのキャラクターのフィギュアを制作、販売する会社が12月に上場予定ですが、ヨン様は同社の株を10%程度持っており、約20億円の収益が見込まれています」(同前)

 さらに、趣味にも資金を惜しみなく投入。ヨン様はコーヒー豆鑑定士の資格を持つほどのコーヒー好きで、韓国やハワイでカフェの経営にも乗り出している。

 14年にはコーヒーを勉強するため、東京・清澄白河の有名珈琲店「アライズ」を訪問。サングラスにドクロのTシャツ姿で通訳を伴っていたという。応対した店長は「豆の品種や焙煎について相当細かく聞かれた」と、その熱心さを振り返る。

「日本のコーヒーに関する雑誌や本のほとんどに目を通していましたが、『大したことないです』と謙遜していました。近くの支店を案内したら、通訳さんから迷子になったと電話が入り、迎えに行くとあの笑顔で手を振りながら現れた。そこで『あ、ヨン様だ!』って」

2004年の来日時には成田空港にファンが殺到

 15年にはタレントのパク・スジン(36)と結婚。一男一女に恵まれている。

「自宅は10年に約5億円で購入した“ソウルのビバリーヒルズ”こと城北洞にある敷地面積760平米の大豪邸。現在の相場では約9億円まで値上がりしています」(前出・芸能記者)

 公私ともに充実しているヨン様だが、肝心の俳優業へはいつ復帰するのか。所属事務所の日本事業部に聞くと「現在は韓国での露出も抑えており、復帰の予定はありません」とのこと。

 ファンにとって“冬”の時代は続きそうだ。

source : 週刊文春 2021年12月30日・2022年1月6日号

文春リークス
閉じる