週刊文春 電子版

KAT-TUN 紅白出禁が解かれたワケ

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 デビュー15周年で紅白初出場となったKAT-TUN。毎年数多くのジャニーズ事務所所属のグループが紅白に登場する中で、なぜ彼らは今まで出演できていなかったのか。

 2006年にデビューした彼らのスタートは、華々しいものだった。

「現社長の藤島ジュリー景子氏の肝いりでデビューしたため、PR活動も別格扱い。東京・渋谷をジャックして、街中KAT-TUN一色に染めたこともあった」(スポーツ紙デスク)

ジュリー社長

 その甲斐あって、デビューシングル『Real Face』はミリオンを突破。09年には、史上初の東京ドーム8日連続公演という記録を達成した。

 だがその人気とは裏腹に、紅白とは縁がなかった。理由はメンバーの素行問題だ。

「一番人気の赤西仁は、夜遊びする姿を幾度となく報じられた。田中聖(こうき)も度々女性との交際が表沙汰になり、事務所に内緒で西麻布にバーを開いたこともあった。田口淳之介も、後に大麻所持で共に逮捕される女優・小嶺麗奈との交際を続けるなど、メンバーの素行不良が問題になっていました。当初はKAT-TUNに肩入れしていたジュリー氏もそんな3人を毛嫌いするようになった。またジュリー氏の母のメリー喜多川氏も快く思っていなかったため、彼らの紅白への出場を封じていたのです」(同前)

 今回、事務所からの“紅白出禁”が解かれた理由の一つは、問題児だった赤西、田中、田口の3人の退所だ。そして比較的大人しい亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3人が残ったこと。もう一つは、ジュリー氏の意向だという。

「亀梨は3人の中でも特にジュリー社長に可愛がられています。彼も一時は独立も考えていたが、残る二人のために18年1月にKAT-TUNを再始動した。なかなかかつてのような人気は取り戻せていませんが、15周年という節目の年を迎えるにあたって、彼らに華を持たせてあげたいと、紅白に出場させることになった」(レコード会社関係者)

社長のお気に入りの亀梨

 だが実はNHK側の思惑とは違った。

「局としては昨年11月にデビューしたばかりの、なにわ男子に出て欲しいとジャニーズ事務所に伝えていた。しかしその願いは叶わず、『KAT-TUNで』ということに」(NHK関係者)

 出場決定に驚いたのは、何より本人たちだった。昨年12月29日に行われた紅白のリハーサル後、中丸はこう語っていた。

「個人的には、ご縁がない番組だと思っていた。これ、ドッキリじゃないですよね?」

 メンバーが“Real Face”を覗かせた瞬間だった。

出演には本人たちも驚いた(『紅白』より)

source : 週刊文春 2022年1月13日号

文春リークス
閉じる