週刊文春 電子版

元新喜劇の妻が借金返済で奔走 間寛平をGMにした愛され力

THIS WEEK「芸能」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 吉本興業が「吉本新喜劇」にGM(ゼネラルマネージャー)制を導入するにあたり、間寛平(72)の就任が内定。間はツイッターで「聞く耳をもつGMでありたい。アメマ~」と持ちギャグでやる気を見せた。

「新喜劇はストーリーよりギャグ、演技よりキャラのコテコテ演劇だが、創設以来63年、ピンチの時期もあった」(在阪芸能記者)

 1980年代末には、座員の高齢化などにより人気が低迷、観客動員が目標に達しなければ解散というキャンペーンを展開した。

「その時は今田耕司、東野幸治らの活躍や、ビデオ『吉本新喜劇ギャグ100連発』のヒットで息を吹き返したが、現在またマンネリ化が課題に。座長経験もある間に、大所高所からの助言をしてもらうことが狙い」(同前)

60歳のときにはがん闘病も経験 ©共同通信社

 間はストリップ劇場での幕間コントで芸を磨き、70年に吉本入り。新喜劇では「アメマ~」や、柱に尻をこすりつけての「かい~の」などのギャグで沸かせるも、私生活では借金問題で世間を騒がせた。

「知人の連帯保証人になり、借金を背負った。返済のため、池乃めだかの助言で『アメマバッチ』を10万個つくったが売れず、借金は6000万円以上に膨張。業者から製作費用の支払いを求めて訴えられ、裁判では判事にアメマとは何かと問われ、『ア~メ~マ~』と披露する一幕も」(芸能デスク)

 返済のため新天地を求めた間は89年、40歳で新喜劇を退団し東京吉本に移籍。翌々年「マジカル頭脳パワー!!」のレギュラーに起用され一躍全国区に。また超長距離マラソンにも取り組み、91年にギリシャのスパルタスロン(246キロ)を完走。翌92年には「24時間テレビ」の初代マラソンランナーとなった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年1月13日号

文春リークス
閉じる