週刊文春 電子版

船越英一郎 22歳下恋人“芸術家”に著作権侵害疑惑

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 “2時間ドラマの帝王”こと船越英一郎(61)に、新たなロマンスが発覚した。だが、そのお相手の女性には……。

 女優の松居一代(64)との泥沼離婚劇から、はや5年。『女性セブン』が、船越の22歳年下の女優・松下萌子(39)との交際をスクープした。昨年夏頃から2人が交際を始め、クリスマスや大晦日、正月にも、松下が船越のマンションに通っていたと報じたのだ。

両親も俳優だった船越

 “帝王”を射止めた松下は1997年に「全日本国民的美少女コンテスト」で入賞。03年に『ヤンキー母校に帰る』(TBS系)で女優デビューし、2時間ドラマなどにも出演。歌手としても数年間活動していた。

「人脈が広く、尾上松也さん、岩城滉一さんなども友人。志村けんさんにも可愛がられていました。都内の超高級マンションに住み、ワインは一人で3本近く空ける酒豪。昨夏より前から船越さんと交際を始めており、『結婚も考えている』と話していた」(松下の知人)

お相手の松下(本人インスタより)

 神戸市で不動産業を営む、松下の父が話す。

「2カ月ほど前、萌子から船越さんを紹介され、寿司屋に行きました。酒を飲んで話し、紳士的な人だと思いました。結婚の話は出ませんでしたが、『お付き合いさせていただいております』と言っていましたよ」

 再婚に向け、順風満帆の2人。だが彼女には、「Moeco」名義で行うチョークアーティストとしての活動で、ある問題が……。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年1月20日号

文春リークス
閉じる