週刊文春 電子版

「男に1000万円以上貢いだ」 いとうあさこ51歳の一世風靡

THIS WEEK「芸能」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 いとうあさこ(51)が、指原莉乃(29)とMCを務める「トークィーンズ」(フジ系)が4月に始まることが発表された。2年前より特番として4回放送されたバラエティで、二人が男性ゲストにプライベートを聞き出していく趣向。9年続いた「アウト×デラックス」の後番組となる。

「特番での小泉孝太郎や中居正広への突っ込みぶりが評価されレギュラーに格上げ。いとうはフジでは初のMCを掴んだ」(放送記者)

「R-1ぐらんぷり」では最高5位(2010年)

 これで「ヒルナンデス!」などレギュラー4本。島崎和歌子(48)、大久保佳代子(50)に続く独身アラフィフ女性タレントに躍り出たいとうは、実は“お嬢様”。銀行員だった父のもと、お手伝いのいる家で育ち、小学校から名門・雙葉学園に通った。だが高校卒業後、尾崎豊に影響されて「親は自分をわかってくれない」と家出。初めてできた彼氏のアパートに転がり込む。

「仕事をせず、借金して車を買うような彼氏だったため、いとうがバイトで生活を支える羽目に。本人はこの頃を振り返り、『若い頃は1000万円以上貢いだ』と男運の悪さを語っている」(芸能デスク)

 22歳のとき、今度は室井滋に憧れてコメディ女優を志し、舞台の専門学校に入学。同級生とお笑いコンビを結成した。

「だが鳴かず飛ばず。転機は2001年、30歳にして『進ぬ!電波少年』の企画『15少女漂流記』のオーディションに合格したことだった」(同前)

 現・森三中の黒沢かずこらと共にタイの無人島でサバイバル。最後まで耐えた8人のうちの一人になったが、長期ロケでコンビ活動に支障が生じ、結局解散。

「ピン芸人として方向性を模索した末に見つけたのが新体操の演技をしつつ『浅倉南、〇〇歳です!』という台詞で始めるネタ。レオタードと黒タイツという妙に色っぽいコスチュームで、年齢にまつわる自虐を言うギャップのおかしさで頭角を現した」(同前)

 2011年には「メレンゲの気持ち」のMCに起用され、久本雅美の脇で10年間経験を積んだ。

「裏表のない性格で、スタッフ受けもいい。私生活でも裏表なく、スキャンダルは皆無。直接会うと独特の色気があるも、口説こうという勇気ある男性芸人はいないらしい」(芸能記者)

 一方、大久保佳代子とは“スープの冷めない距離”に住んでおり、昨年には共に介護脱毛をするなど固い絆で結ばれているという。

「2月には初主演映画『鈴木さん』も公開。これで新しい相棒・指原とのコンビがうまくいけば、華の50代が待っていそう」(同前)

“女運”はいいのかも?

source : 週刊文春 2022年1月20日号

文春リークス
閉じる