週刊文春 電子版

桑田真澄(読売巨人軍 投手チーフコーチ)「今はちゃんとした科学的根拠、データがあるので、自分の経験とか感覚を合わせて指導していく」|鷲田康

野球の言葉学 第604回

鷲田 康
エンタメ スポーツ

 昨季はシーズン終盤の大失速で3連覇を逃した巨人。敗因として、9月頭から先発投手陣を中5日で回した原辰徳監督(63)の采配も批判の対象となった。

 その中で色々な評論家が中5日問題を論じていたが、最も納得させられたのは日刊スポーツに載った巨人OB・西本聖さんの評論だ。

 その評論で西本さんは中5日には賛成だが、それならもっと投手の技術的メンテナンスをしっかりしないといけないと書いていた。投手は疲れると肘が下がって横振りになる。例えば戸郷翔征投手(21)は、ただでさえ腕が横ぶりになりやすい投手だが、それに疲れが重なって体が開き、腕が振り遅れる技術的な問題が起こっていた。そこをアドバイスして修正するのがコーチの仕事ではないか、というのが大まかな内容だ。

 実はそこが投手コーチの一番難しいところで、かつてはどのチームにもそういうメカニックをいじれるコーチがいたものだ。例えば長嶋茂雄監督時代の巨人には宮田征典さんという専門家がいたし、今季からDeNAに復帰した小谷正勝コーチングアドバイザーなども、そんなコーチの一人だ。

 さていまの巨人には……。

「真澄ならできると思うよ」と、桑田真澄投手チーフコーチ(53)の名前を上げたのは原監督だ。

コーチ就任2年目で結果を残せるか

 昨年1月に巨人に電撃復帰。昨季限りで退団した宮本和知投手チーフコーチの補佐役を1年務めて、今季からチーフに昇格した。昨年1年は「診察」と称してじっくり観察する期間としていたが、「今年は治療の年」と、本格的に投手陣の技術的な指導にあたることを明らかにしている。

不安なのは……

 昨年の復帰直後には1回15球でトータル135球での完投を投手のノルマに掲げてスタート。そして今季は原監督の方針に従って、中5日をベースにしたローテーションにもう一度、チャレンジすることも明言している。ただその一方で「先発が6、7回を投げ切れるようにならないといけない。完投できる投手を増やしたい」とかなり高いハードルを投手陣に設定しているのだ。中5日で先発を回すなら、シーズンをトータルで考えれば球数の管理は必須。しかし135球で完投も求める。そこをどう両立させるのかが、桑田コーチの一番の腕の見せ所となる訳である。

「今はちゃんとした科学的根拠、データがあるので、自分の経験とか感覚を合わせて指導していく。それが今の時代には必要です」

 その桑田コーチが指導の基本的な考え方を語った言葉学である。

 昨年のデータからストライク率、四球率などがリーグ5、6位であることに注目。まず制球力を磨くことをキャンプの課題に挙げて、従来の18.44mのバッテリー間の距離を1mずつ短くした3種類のマウンドを作り、そこで段階的にボールを操る練習をさせるという。自身も経験したトミー・ジョン手術から復帰をかける堀田賢慎投手(20)と、山崎伊織投手(23)を強化選手に挙げて、一人前に鍛えることも宣言している。

20年にドラフト1位で入団した堀田

 いよいよ本格指導する桑田コーチだが、一つだけ不安なのは、いくら「診察」期間とはいえ、結果的には昨年は投手陣に有効な技術的アドバイスを送れていなかったという事実だ。冒頭に挙げたシーズン中のメカニカルな修正を、原監督が期待するように本当にできるのか。キャンプでのパフォーマンスではなく、それこそが桑田投手コーチが真価を問われるところとなるはずである。

source : 週刊文春 2022年2月3日号

文春リークス
閉じる