週刊文春 電子版

NTTドコモの悲鳴「月収10万円減」内部資料入手

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「会社から提案されている内容では、年収が1、2割減る計算です。これでは生活やローンの返済計画も狂ってしまう」(NTTドコモのベテラン社員A氏)

 親会社のNTTが突き付けた提案により、ドコモ社員は大混乱に――。

 NTTドコモは2020年12月に、持ち株会社NTTに完全子会社化され、上場廃止となった。

 経済部デスクが語る。

「ドコモはここ数年、契約数で他社の後塵を拝してきた。そうした中で、持株会社の澤田純社長の『ワンNTT』という掛け声の下、今年1月、グループのNTTコミュニケーションズ、NTTコムウェアと経営統合。澤田社長は統合のシナジー効果を23年度に“1000億円”と見込んでいます」

 こうした状況下で浮上したのがドコモ社員の“賃下げ”だ。昨年12月に会社からNTT労組に説明があったという。小誌はこの1月にNTT労組からドコモ組合員に配られた、会社側の提案の詳細が記された資料を入手。「人事・人材育成・処遇等の見直し(3次提案)」と題された文書について、40代後半の営業職であるA氏が解説する。

「私は主査ですが、現行の給与体系では、まずベースとなる『資格賃金』が月21万7000円。これまでの在職期間の評価に基づいた『加給』が約9万円。さらに各種手当が1万7000円ほどつきます」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月17日号

文春リークス
閉じる