週刊文春 電子版

阿川佐和子のこの人に会いたい ゲスト・モーリー・ロバートソン

私はハードな日本人。誰より集団の空気を読めるから、コメンテーターは向いてるんです(笑)。(第1384回)

阿川 佐和子
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 テレビでシャープなコメント、コラムでは時に辛口な見方を。一気に国民的コメンテーターに上り詰めた御仁は実は、コテコテの広島っ子でした。東大&ハーバード合格の知性と、権威に隷属しないパンク精神、注目しんさい!

 

(1963年生まれ。タレント。アメリカ人の父と日本人の母のもとに生まれる。18歳の時に東京大学、ハーバード大学合格を果たし、注目を集める。同時期に、日本でミュージシャンとしてもデビュー。現在は、ラジオDJ、テレビコメンテーター、ジャーナリストとして各メディアで活躍中。)

 

阿川 初めまして!

モーリー 今日はよろしくお願いします。

阿川 テレビに出てらっしゃるのを拝見すると、いつも穏やかで温厚なお人柄という印象だったんですけど、経歴をあらためて調べると、けっこう過激な方なんですね。

モーリー あ〜あ。過去を調べられたらもうお手上げですね。逃げられません(笑)。

阿川 元パンクロッカー?

モーリー だった時期もありますし、いまも現役のミュージシャンのつもりですよ。

阿川 どんな音楽をやってらっしゃるんですか?

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月10日号

文春リークス
閉じる