週刊文春 電子版

タンパク宣言|みうらじゅん

人生エロエロ 第474回

みうら じゅん

連載

エンタメ 芸能

 人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。

 空の牛乳瓶に放出した精子を溜め、遊びに来る友人に、「だって、捨てるのはかわいそうやろ」と、まるでペットを飼ってるみたいに言ってたKから披露宴の案内状が送られてきた。

 高校時代、仲はとても良かったが僕が上京してから一度も会っていない。

 案内状の隅に汚い文字で“Sも呼んでるさかい来てな!”と、書いてある。

 それはたぶん、大学時代の友人がメインか、もしくは就職先の上司をたくさん招いているのだろう。

 どちらにせよ、僕がアウェイにならないよう考慮してくれたことに感謝である。

 会場は京都駅近くのホテルだった。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月10日号

文春リークス
閉じる