週刊文春 電子版

“漫才の必殺仕事人”テンダラー浜本 コロナ感染中に誕生日デート不倫

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 2月15日の午前10時半。大阪・梅田の老舗デパートを歩く女性。地下1階のスイーツ売り場で足を止め、視線を注いだのはショーケースのフルーツタルトだ。

 女性は一際目を引くイチゴのタルトを指差すと、誕生日用のろうそくも一緒にリクエストした。

 同日昼、大阪市内のフレンチレストランに現れたのは漫才コンビ・テンダラーの浜本広晃(48)である。席に通された浜本は人待ち顔で窓の外を眺めていた。

 

 午後0時半、隣にやってきたのは件の女性。浜本が目を細めると、女性もまた破顔する。関西屈指のグランメゾンでのランチは約2時間。店を出た2人は、互いの指を絡ませた“恋人つなぎ”で身を寄せ合い歩き出した。

 この日、48回目の誕生日を迎えた浜本がともに過ごしたこの女性、妻ではない――。

 1994年、大阪のショーパブで働いていた浜本が同僚の白川悟実(51)を誘い、「$10」(のちテンダラーに改名)を結成した。

左が浜本、右は相方の白川

「浜本の、キレのある動きと豊かな表情から繰り出されるボケと、白川の絶妙なタイミングでのツッコミ。その応酬が生み出すスピード感のある漫才が特徴です」(お笑いライター)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月10日号

文春リークス
閉じる