週刊文春 電子版

松川虎生(千葉ロッテマリーンズ 捕手)「ああオレ、高校生やったんやなあと思い出しました」|鷲田康

野球の言葉学 第612回

鷲田 康
エンタメ スポーツ

 今年のキャンプ取材で一番、印象に残っている選手が誰かと言えば、実はロッテの松川虎生(こう)捕手(18)だった。

甲子園には高校3年春の選抜に出場した

 昨年のドラフトで市立和歌山高校から1位指名で入団した高卒ルーキー。ドラフトの時点では、バッテリーを組んでいた小園健太投手の注目度が高く、予想通りに2球団が競合の末にDeNAがくじを引き当て1位入団。一方、松川はスポーツ紙の1位候補に名前も挙がらない中、フタを開けたらロッテがいきなり単独指名で獲得した選手だった。

 そんな松川がキャンプ取材で一番、印象に残った理由が、井口資仁監督(47)の尋常ならざる惚れ込みぶりだった。

「(ドラフトの際の資料映像で)僕は城島になれる存在だと思って観ていました」

松川を大絶賛する井口監督

 こう井口監督が引き合いに出したのが現役時代にダイエーで一緒にプレーした城島健司さん(現ソフトバンク球団会長付特別アドバイザー)。城島さんと言えば日本人捕手として初めてメジャーに挑戦し、第2回ワールド・ベースボール・クラシックでは日本代表の主戦捕手として世界1の立役者にもなった強肩強打のスーパーキャッチャーだ。その城島さんに比肩すると評価しての1位指名だった訳だが、いまや「それ(城島)以上に凄いかな、と」とまで評価は高まっている。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる