週刊文春 電子版

Imagine there's no Ero|みうらじゅん

人生エロエロ 第477回

みうら じゅん
エンタメ 芸能

 人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。

 僕は昔から作り笑顔がうまく出来ない。

 そもそも何もおかしいことがないのに笑うなんて不自然だし、ましてや役者でもない僕にとってそれはとても照れ臭い。

 それでもインタビュー後か前にカメラマンが作り笑いを求めてくることがよくある。

 今では冗談まじりで「じゃ、何かおもしろいこと言って下さいよ」と、返せるようにはなったものの、相変らず表情はぎこちない。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる