週刊文春 電子版

芸能界の「性加害」 名脇役はこうして若手女優を蹂躙した《被害者が連続告発》 

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能 映画

「性被害」を題材にした映画「蜜月」。小誌は先々週号、先週号で同作の榊英雄監督(51)に「性行為を強要された」と語る女優らの告発を報じ、「蜜月」は公開中止に。だが、女優を蹂躙したのは榊氏だけではなかった。

映画「蜜月」での榊氏(同作HPより)

 先々週号で女優のA〜D子さんが榊氏から性行為を強要された過去を告白した。榊氏は4人中3人との関係を認めた上で合意の上だと主張。しかし告発は止まず、先週号ではE〜G子さんの3人と元交際相手の女優が被害に遭っていたと語る男性の証言を報じた。

 その後も小誌には告発の声が続々と寄せられ続けている。今回新たに二人の女優が被害を訴え出た。

 女優のH子さんは2011年1月、榊氏が講師に名を連ねるワークショップに参加した。

「打ち上げの席で榊が横に座り、突然下着の中に手を入れてきて局部を直接触られました。拒んだら仕事に差しさわりがあるし、当時は気に入られ、特別視されていると勘違いをしていた」

 その後、食事に誘われた。場所は下北沢の焼き鳥店。

「店を出た後、マンションの階段の踊り場に連れて行かれました。下着を脱がされ、性行為に及びました。避妊はされず、壁に向かって射精して精子がドロッと垂れていた場面を鮮明に覚えています。行為は嫌でしたが、拒んだら仕事に影響が出ると思うと、拒否はできなかった」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月31日号

文春リークス
閉じる