(うたまる ラッパー・ラジオパーソナリティ。1969年、東京都生まれ。89年、早稲田大学在学中にヒップホップグループ「ライムスター」を結成。ヒップホップ文化が定着していない日本でヒップホップシーンを牽引してきた。TBSラジオ『アフター6ジャンクション』(月〜金、18時)のメインパーソナリティも務めている。)

 結成33周年となるヒップホップグループ・RHYMESTER(ライムスター)のラッパーで、TBSラジオ『アフター6ジャンクション』のパーソナリティとしても活躍する宇多丸さんは、1969年5月22日生まれ。本名・佐々木士郎、東京都文京区出身だ。

 

 ライムスターの『東京、東京』という曲で「オレは港区生まれ文京区育ち周りは至ってフツーの人たち」とラップしているんですが、生まれたのが港区の愛育病院だったというだけで、ちょっと気取ってみました(笑)。親元を出るまで、ずっと文京区です。

 記憶の中で一番古い家は、千駄木の団子坂の中ほどにある12階建てマンション。上の方の階にある、2DKの部屋でした。

 この家で覚えているのは、廊下に母の本がめちゃくちゃいっぱい積まれた光景ですね。母は高卒で銀行に就職した後、転職して東京大学出版会で編集者になった、父以上に本が好きな人でした。僕が大学生の時、「自分もちゃんと勉強したいから」と大学に入ったガッツのある人でもあります。ただ、片付け能力が低いのか、物を捨てるのはもったいないって気持ちがあるからか、自分で買ったり図書館でもらってきた古い本を、床にどんどん積んでいくんです。よく古本屋の外に置いてある、均一投げ売り本のノリですね。

未成年でもこっそりディスコに入れた時代。ダンスミュージックと女の子がいる天国へ

 父は精神科医です。僕が生まれた頃、群馬の太田市の郊外に仲間達と病院を作り、精神疾患の患者を閉じ込めない完全開放病棟を実現しました。平日は病院にかかりきりだし、風来坊で旅行と登山が好きな人でもあったので、家に帰ってくるのは週末くらい。その日は家族3人で上野に出て外食しながら、父の話を聞くのが楽しみでした。ただ、父は病院に時間もお金も注ぎ込み、院内にディスコを作っちゃったりしていたので、うちの家計を回していたのは母の収入です。育ててくれたのも受けた影響も、母のほうが強い。実際、母の悪癖が遺伝していて、のちのち大変なことになるんですが……。

 1976年、区立千駄木小学校に入学。低学年の頃、千駄木の不忍通り沿いの高層マンションに引っ越す。9階の部屋で、間取りは3DK。ベランダからは富士山が見えた。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年4月7日号