週刊文春 電子版

「錠一郎」「算太」「五十嵐」「榊原」ダメンズ選手権の勝者

カムカム保存版 出演者・スタッフ20人が実名告白「日々取材し最終回に備えよ」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 30年以上無職の錠一郎、安子のお金を持ち逃げした算太、ひなたを7年待たせた末に別れを選んだ五十嵐。すみれへの未練を覗かせた榊原。カムカムダメンズ選手権、ここに開催!

 安子の幼馴染、水田きぬ役の小野花梨に、男性キャラについて尋ねると、

ひなたではなく、デイジーを選んだ文ちゃん(写真 NHK公式HPより)

「稔さんは顔も整っていて、佇まいも言動も綺麗で中性的。勇ちゃんは大雑把で不器用で、男っぽさがあるのが魅力。男性として見るなら、勇ちゃんのほうがキュンキュンします。ただ物語上の推しでいうと、稔さん。見合い話を持ち掛けられた安子が、大阪まで稔さんに会いに行った回の台本を読んだ時の衝撃は凄かった。安子が岡山に戻る電車の中で彼が現れるところなんてもう王子様過ぎて……」

 では、一番のダメンズは誰?

「やっぱり算太ですね(笑)。あの当時、長男といえばより一家を支えてしっかりしないといけないのに、責任感はないし、すぐ逃げる。嫌いになれないし、可愛いところはあるんですけどね。でも、兄があんなだから安子ちゃんがしっかりした強い女性になった気がして、その意味では必要不可欠な存在だったのかなと思います」(同前)

 算太にラジオを盗まれた、「あかにし」店主の赤螺吉兵衛役の堀部も続ける。

「算太という人は、本当はちゃんとしたいんだけど、良かれと思ってやっていることが全部裏目に出るタイプなんだろうなぁと。憎めないタイプだけど、身内にいたら嫌ですね(笑)」

 意外にも錠一郎の名前は出てこない。吉右衛門の妻・初美を演じた宮嶋は、

「錠一郎さんの家族の支え方は最高だと思います。錠一郎さんはトランペットが吹けなくなった。自分が“痛み”を知っている分、実家に帰る決意をした文ちゃんに『自分で選んだ道ならば、それは君にとってのひなたの道になる』と声をかけた姿には泣けました」

すみれを支えてきた榊原さん(写真 公式インスタより)

 さらに、条映太秦映画村の職員・榊原誠も、煮え切らない態度で一恵(三浦透子)を泣かせていたが……。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月14日号

文春リークス
閉じる