週刊文春 電子版

世良公則「僕が珍しく歌う役を引き受けた理由」

カムカム保存版 出演者・スタッフ20人が実名告白「日々取材し最終回に備えよ」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 ジャズ喫茶店「ディッパーマウス・ブルース」のマスター・柳沢定一と息子の健一役として1人2役で出演した世良公則(66)。

 定一が第30話でジャズの名曲を熱唱したシーンは話題を呼んだが、実は演じるにあたり迷いもあったという。

 

(せらまさのり 1955年12月14日生まれ。代表曲に『宿無し』『燃えろいい女』など。近年は俳優としても活躍する)

 実は僕は、定一としてクランクアップして、お花を頂戴して盛大に送り出していただいたんです。年老いた健一として再出演するなんて知らなくて驚きました。

 2度目のクランクアップの際、「3度目は呼ばないでね」と挨拶させてもらいました。音楽仲間からも次の展開を聞かれて「秘密だよ!」とかわすのが大変。音楽に一番差し障りのある仕事でした(笑)。

 当初、定一の役を引き受けるか悩みましたね。俳優の仕事をさせていただくとき、歌を歌う役は今まで避けてきたからです。

 でも、「On the Sunny Side of the Street」を定一がステージで歌うシーンのことをよく考えた。

ジャズは、華々しい戦前の時代を経て、戦中には敵国音楽と扱われた苦い経験があります。

 僕が『ツイスト』で世に出たとき、当時の音楽シーンでは、ロックがまだ受け入れられていなかった。地域によっては「ツイストのコンサートに行ってはいけない」と、教育委員会から通達されたほど。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月14日号

文春リークス
閉じる