週刊文春 電子版

カトパン さんま求愛をかわした“ホンマでっか”なテク

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「12年半、本当にありがとうございました――」

 4月6日放送の「ホンマでっか!?TV 春の2時間SP」(フジテレビ系)で番組アシスタントを卒業した“カトパン”こと加藤綾子(36)。涙はなく、終始晴れやかな笑顔を見せていた。

 

 2009年10月の番組開始から司会の明石家さんま(66)と「ホンマでっか」を盛り上げてきたカトパン。番組卒業の舞台裏について、制作関係者が語る。

「19年から平日は『Live News イット!』(フジ系)のキャスターを担当しており、休みもほとんどなかった。今年で37歳になるので、年齢的にも子どもが欲しいようです。本人も『家族が増えたらいいな』と周囲に話しています」

 カトパンは昨年6月に結婚。夫は年商2000億円のスーパーマーケットチェーン「ロピア」の2代目社長だ。

 卒業特番でさんまが「2人の時間が欲しい。要するに妊活やな」と振ると、カトパンも否定しなかった。

「ホンマでっか!?TV 春の2時間SP」(フジ系)より

 もし懐妊となれば「イット!」のMCは続けられないが、実は番組の存続自体が危ぶまれているという。

「視聴率は4%前後と低迷し、日テレの『news every.』やTBSの『Nスタ』に大きく水を開けられている。今年の3月期決算で約90億円の赤字を計上したフジは制作費をカットしたいこともあり、早ければ秋の改編で番組が終わるか、キャスターが交代する可能性も。後任には局アナの宮司愛海アナが有力視されています」(フジ関係者)

 もし「イット!」が終了すればカトパンのレギュラー番組は消滅。だが、「全く問題ないでしょう」と前出の制作関係者が明かす。

「『イット!』のギャラは1本約100万円で『ホンマでっか』も1本約50万円。加藤の年収は2億円近いと言われており、これまで十分稼いだ上に、夫も大金持ちですからね」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる