週刊文春 電子版

「今日からオードリーが始まった」若林の悩みと春日の覚醒

テレビ健康診断

てれびのスキマ
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「住んでる所はむつみ荘、今日の収録スベりそう、あなたの心の鬼瓦オードリー春日です」と春日の謎の自己紹介で始まった収録。春日は“新ギャグ”をぶちこんだり、唐突に「ピザでも取ろうよ」と言い出したり、突然、共演者の写真を撮ったりボケまくり。それを懸命にさばく若林。脈絡なく「カスカスダンス」を始めるとそれが若林ら共演者全員に伝染していく。そんなカオス状態に若林が「大事件だよ!」とツッコむ。その収録を終えた若林は「今日からオードリーが始まったな」と振り返った。

オードリー・若林正恭 ©文藝春秋

 実はこれは偽番組。春日はインパルス板倉らに遠隔操作されていたのだ。若林は以前、『あちこちオードリー』(テレビ東京)の「反省ノート」という企画で「今は今で幸せで、このまま『TV23時以降ラジオ男』のまま行くか、無理をして『ゴールデン覇王』を目指すか決められないまま時だけが過ぎて行く」と悩みを綴り、「自分のエンジンじゃオーバーヒート気味にやらないと『ゴールデン覇王』にはなれない」と語っていた。それでも2022年の目標として掲げたのが「ゴールデン覇王」だった。そんなオードリーが「ゴールデン覇王」を目指し「じゃないと芸人」に生まれ変わるための番組が『じゃないとオードリー』(テレビ東京)だ。番組ではオードリーの弱点を「ボケない春日」「カオスな状況に弱く社交性のない若林」だと分析。それを克服するために行われたのが偽番組だったのだ。続く第2ステージでは春日がコンビ愛を全面に出してみることに。やはり別室からの指示どおり春日は、若林の太ももを触ったり、2人で見つめ合ったりしていく。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる