週刊文春 電子版

鈴木誠也(シカゴ・カブス 外野手)「まだ4試合なので、あと160試合近くある」|鷲田康

野球の言葉学 第616回

鷲田 康
エンタメ スポーツ

 シカゴ・カブスの鈴木誠也外野手(27)が打ちまくっている。デビュー戦となった4月7日(日本時間8日)のミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャー初安打を放つと、10日(同11日)の同カードで初本塁打を記録。さらに移動日を挟んだ12日(同13日)のピッツバーグ・パイレーツ戦では2打席連続本塁打、17日(同18日)のコロラド・ロッキーズ戦で4号と、快ペースで本塁打を量産している。この時点で打率は4割、長打率と出塁率を合わせたOPSは1.503。1.000を越えれば超一流とされるだけに、驚異的な数字となっている。

開幕から好調を維持している鈴木

「今季は労使交渉のもつれでロックアウトが続いて、キャンプ、オープン戦期間も短縮される中でのシーズンイン。鈴木にとっては準備期間も短く、コンディション作りとメジャーの野球への対応に苦労するのではないかと見られていました。しかしロッキーズ戦の4号は右翼席に運んだ一打で、これで4本中2本が逆方向への本塁打。しっかりボールを引きつけて飛ばせている。そこからも技術的にメジャーに適応できていることが分かります」(現地で取材する放送関係者)

 まさに順風満帆の船出となった訳だ。

 もちろんこの好スタートは喜ぶべきだが、その一方で本当のメジャーの洗礼は、開幕1カ月後か2カ月後にやってくるという見方があるのも忘れてはならない。

「とにかく体がキツい」

 こう語っていたのはニューヨーク・ヤンキース時代の松井秀喜さんだった。年間162試合をほぼ6カ月で消化する。カブスも早速、5月には移動日なしの遠征を含んだ14連戦、6月には17連戦と続く。しかも時差がある上に、連戦中にはナイターとデーゲームが混在する。鈴木もすでに15日(同16日)にデイ・オフがあったように、休養日を挟みながらの戦いとなるが、開幕時のコンディションを維持し続けるのは、なかなか難しいのがメジャーの現実なのである。

スケジュールの壁

「メジャーの開幕は6月からと言われるのも、主力選手は開幕には7、8割くらいの状態で入って、そこから徐々に上げていくからです。そうしないと1年間、持たない。ただ、マイナーの選手や鈴木のようなメジャー1年目の日本人選手は、開幕からどんどんアピールしなければならない立場。そこでいきなりトップコンディションでシーズンに臨んで好スタートを切りますが、途中で息切れしてしまうケースも多く見受けられます」(前出・放送関係者)

 2008年から5年間、メジャーでプレーした現中日の福留孝介外野手が典型例で、4月は3割越えの成績を残しながら、1月ごとにほぼ1分ずつ打率が下がって、結果的には2割5、6分辺りに落ち着く年が続いた。福留だけでなくメジャーに挑戦した日本人野手の多くが、技術的には通用する力はあるが、結局はこのハードスケジュールの壁に苦しめられてきている。逆に言えばすでにメジャーで実績を作っているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手(27)は、そういうメジャー流の調整に馴染んでいて、これからどんどん投打に状態を上げてくる可能性が高いということだ。

大谷も1試合2本塁打を記録した

「まだ4試合なので、あと160試合近くある」

 2打席連続本塁打を放ったパイレーツ戦後の鈴木の言葉学だった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる