週刊文春 電子版

アフリカで暮らした小学生の頃、空想や“セルフ発表”に没頭して、のんびりと育ちました。|楠木 建

新・家の履歴書 第779回

樺山 美夏
ライフ ライフスタイル

(くすのきけん 経営学者。1964年、東京都生まれ。一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻(一橋ICS)教授。専攻は競争戦略とイノベーション。著書に『ストーリーとしての競争戦略』『経営センスの論理』『戦略読書日記』『好きなようにしてください』『すべては「好き嫌い」から始まる』などがある。)

 

 小学生の頃に暮らしていた南アフリカにはテレビ放送がなかったので、自宅の庭に寝転んで雲を見ながらよく空想に耽っていました。読み飽きた児童書の続きを自分で創作して本にする“セルフ発表”が好きで何冊も作りましたね。もともと発表体質で、昔も今もやっていることは変わりません。ただ、子どものころは誰も読んでくれないセルフ発表だったのに、今ではオーディエンスがいる。ありがたく幸せなことです。

 30万部を超えるロングセラー『ストーリーとしての競争戦略』などの著書がある経営学者の楠木建さん。1964年、機械部品会社に勤務していた父と、銀座の医院のお嬢様として育った母の間に東京都目黒区で生まれた。父がアフリカ支店長として赴任したため、両親と3歳下の弟と共に南ア最大都市のヨハネスブルグで育った。現地の日本人学校は日本人の先生が自宅を開放した寺子屋のような学校だった。

 父が23歳のときに1歳上の母と結婚、翌年、僕が生まれました。当時の父は仕事より生活をエンジョイするタイプ。オープンカーに乗って母と(港区麻布の)飯倉にある「キャンティ」でデートしたり、アイスホッケーなどが趣味で、享楽的で活動的な人でした。僕とは正反対です。

 最初の家の記憶は、ヨハネスブルグです。藁ぶきの三角屋根に煙突がある立派な家でした。2階に両親の寝室と僕と弟の部屋が、1階には暖炉がある大きな居間と食堂、来客用の寝室が二部屋ありました。芝生の広い庭で日本人学校の同級生を集めてホームパーティーをした写真が残っています。裏庭には住み込みのメイドさんの住居(サーバントクオーター)がありました。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる