週刊文春 電子版

家が風景の一部になるようにしたかったんです。どこから見てもしっくり馴染むような。|ホルトハウス房子

新・家の履歴書 第780回

渡辺 紀子
ライフ ライフスタイル

(ホルトハウスふさこ/1933(昭和8)年、東京都生まれ。アメリカ人の夫と結婚後、世界中を回って様々な味に親しむ。帰国後、料理教室を主宰、洋菓子店「ハウス オブ フレーバーズ」をオープン。著書に『ホルトハウス房子 私のおもてなし料理』『日本のごはん、私のごはん』など。)

 

 え、年齢? 今いくつかしら。昭和一ケタの8年だから90歳ぐらい? 年のことなんて考えたことがないから。ときどき、「若々しさの秘訣は?」と聞かれるけど、「人に意地悪することよ」って答えてるの(笑)。自分を抑えたり飾ったりしないからだと思いますよ。

ホルトハウス房子さんは1933年東京生まれの88歳。父は技術者にして経営者、母は「料理はお出汁よ」が口ぐせの料理上手な人だった。幼い頃、両親が離婚。たまにしか会わない父だったが、深い慈愛を注いでくれていたことは感じていたという。

生来の食いしん坊、料理好きが高じて、料理への飽くなき追求やむことなく。西洋料理の真髄ともいうべき料理の数々を紹介してきた。50年以上続く料理教室には、親子三代で通う生徒も少なくない。

 小学校のとき、南多摩郡に疎開したの。今考えれば、そんなに遠くはないのに、あの頃は何て田舎に来たんだろうと思った。学校で、誰かの席で何人かとしゃべっていたとき、そこにあった消しゴムを何げなく触ってたの。そしたら、消しゴムをとろうとしていると誤解されて……。もちろん、とろうなんて気はさらさらありませんでしたよ。誤解した子たちは都会の子と違って、心の中でうじうじ思っているのにハッキリ言わないの。それがすごく嫌だった。それで、これから東京大空襲が始まろうというときに東京に帰って来ちゃった。小さな小さな出来事ですけど、何十年経っても嫌なものですね。そんなことを、ふっと今、思い出しました。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる