週刊文春 電子版

東京藝大卒 林田理沙アナが大事にする“教え”って?

「週刊文春」編集部
エンタメ テレビ・ラジオ

「うわっ、なんですか? 臭いですね」

「はい、この植物の名前はヘクソカズラです。このヘ、は何だと思いますか?」

「ヘ、ってオナラですか」

「では、クソは」

「う、うんちですか」

 この珍妙な一幕は、NHKの教育番組『植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之』での山田と、聞く人・林田理沙アナウンサー(32)のやりとり。植物の生態について山田がユーモア溢れる解説をし、林田アナが真面目に受け止めるのがウリ。今、その彼女の人気が急上昇中なのである。

おじさんを踏む(『植物に学ぶ生存戦略』より)

「愛称は『リンダちゃん』。『ブラタモリ』で訪れた銀閣寺で円錐型の向月台を『プリンみたい』と評するなど“天然”なところも。4月から『ニュース7』に起用されました」(NHK局員)

 長崎で生まれ、神奈川で育った林田。湘南白百合学園を経て東京藝術大学音楽学部楽理科、同大学院音楽研究科で学んだ異色の経歴の持ち主だ。

 5歳からピアノを習っていたが、高校2年生で出場したコンクールで指が止まってしまい挫折。「音楽で世の中に貢献したい」と音楽番組のディレクターに憧れたが、友人の勧めでアナウンサー志望に転向した。藝大の指導教官・大角欣矢教授が回顧する。

「彼女はショパンが好きで、『日本におけるショパン受容』という面白いテーマに一貫して取り組んだ。ごくごく真面目な、ごくごく普通の学生さんという印象でしたから、『アナウンサーに受かりました』と報告された時はびっくりした」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる