小誌が報じてきた芸能界の性加害。すべての発端は被害女優らの覚悟の告発だった。その声は業界の悪しき慣習を炙り出し、映画監督や原作者らを動かすに至った。3人の被害女優が集まり、激動の2カ月と胸中を語り合う。

 

 発端は3月10日発売の小誌に掲載された榊英雄氏(51)の性加害への女優たちの告発だった。全国上映を控えていた彼の2本の監督作品は公開中止になった。

 

榊英雄氏

 

 そこから、情報提供窓口であるWebサイト「文春リークス」には多くの告発が寄せられた。中でも、複数の女優から訴えがあったのが、俳優の木下ほうか(58)だった。3月28日、木下は芸能活動の無期限休止を発表した。

 

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 1

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号