週刊文春 電子版

被害女優座談会「性要求が当たり前の芸能界」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 小誌が報じてきた芸能界の性加害。すべての発端は被害女優らの覚悟の告発だった。その声は業界の悪しき慣習を炙り出し、映画監督や原作者らを動かすに至った。3人の被害女優が集まり、激動の2カ月と胸中を語り合う。

 

 発端は3月10日発売の小誌に掲載された榊英雄氏(51)の性加害への女優たちの告発だった。全国上映を控えていた彼の2本の監督作品は公開中止になった。

 

榊英雄氏

 

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる