週刊文春 電子版

モルドバとはどんな国?|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第524回

池上 彰
ニュース 社会 国際

 ウクライナに侵攻したロシア軍が、次はモルドバに侵攻するのではないかという懸念が広がっています。でも、モルドバという名前を聞いたことのない人も多いでしょうね。ここも旧ソ連の一部だったのです。その点ではウクライナと同じ立場ですし、モルドバの中にも親ロシア派勢力が自称「独立国」を宣言している地域があるのです。ここも似ています。どういうことなのでしょうか。

 ロシア軍がウクライナへの侵攻を始めてまもない3月1日、プーチン大統領の盟友といわれるベラルーシのルカシェンコ大統領は、政府の安全保障会議を開き、ウクライナ情勢について、地図を掲げて説明しました。この様子はベラルーシ国内でテレビ放送されたのですが、注目を集めたのは、ウクライナ南西部で国境を接しているモルドバに対し、ロシア軍が侵攻する予定であるかのような矢印が描かれていたことです。

 おそらくルカシェンコ大統領には、事前に侵攻計画が伝えられていたのでしょう。それをそのままテレビに映してしまう間抜けさには驚きますが、これではモルドバの人たちが警戒を強めるのは当然です。

 現在ロシア軍は、ウクライナ南部の黒海沿いの地域を攻撃し、すでにロシア軍が支配しているクリミア半島までを占領しようとしています。そこからさらに西に進んでモルドバまで達しますと、ウクライナを完全な内陸国にすることが可能です。港を失えば、ウクライナは小麦やトウモロコシなどの穀物を輸出しにくくなり、経済的に弱体化します。ロシアのプーチン大統領は、それを狙っているのでしょう。

 モルドバの人口はおよそ260万人。面積は九州とほぼ同じ。ルーマニアとウクライナの間に位置します。実はここは、もともとルーマニアの一部でした。ところが第二次世界大戦前、ドイツとソ連が秘密協定を結んでルーマニア分割を画策。ルーマニア東部のモルダビア地域をソ連が占領し、「モルダビア・ソビエト社会主義共和国」としてソ連の一部にしてしまいます。ソ連を構成する15の共和国のひとつにしたのです。

 帝政ロシア時代から不凍港を求めてきたソ連としては、少しでも黒海沿いの土地を欲しかったのですね。

 しかし、もともとルーマニアの一部だったこともあり、民族としてはルーマニア系で、言葉もルーマニア語です。国旗もルーマニアとよく似ています。

 そこに住む住民の意向に関係なくソ連に併合されてしまったため、当然のことながら「ルーマニアと一緒になりたい」と考える人たちがいましたが、これをソ連の独裁者スターリンが弾圧。2万人以上もの人が、現在のカザフスタンやシベリアに強制的に送られてしまいます。

 ルーマニア正教の信者が多かったのですが、宗教を否定するソ連が教会を破壊し、多くの信者が処刑されました。

 モルドバの人たちはラテン文字のルーマニア語を使っていましたが、ソ連はキリル文字を強制し、「モルドバ語」というのを作り出してしまいます。「お前たちはルーマニア人ではない」と強制したのですね。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる