週刊文春 電子版

EUにもNATOにも困った国が|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第525回

池上 彰
ニュース 社会 国際

 ロシアのウクライナ侵攻を受けて、北欧のフィンランドとスウェーデンが「中立政策」を放棄してNATO(北大西洋条約機構)に加盟を申し込みました。ロシアの脅威から自国を守るには、集団安全保障体制の中に入ることが必要だと判断したのです。

 フィンランドは、過去にこのコラムで取り上げたように第二次世界大戦時に当時のソ連軍の侵略を受けています。軍事力で劣るフィンランドは、多大な犠牲を出しながらも頑強に抵抗。なんとか独立を維持しましたが、領土の1割をソ連に割譲するという屈辱の結果になりました。

 これ以降、フィンランドは「ソ連には脅威を与えません」という方針を取り、自国として軍隊は維持するけれど、NATOには加盟しないことで、ソ連、その後のロシアからの脅威を防いできました。

 一方、スウェーデンも、「中立政策」を取ってきました。現在の地図を見ると、スウェーデンとロシアの間にはバルト三国があり、直接の脅威は少ないように思えてしまうかもしれませんが、かつてソ連時代、バルト三国もソ連の一部。内海を挟んで目と鼻の先にソ連があったのです。

 さらにバルト三国がソ連から独立しても、リトアニアの南にカリーニングラードというロシアの飛び地が残りました。ここにはロシア海軍基地があります。ロシアはいつでもスウェーデンを攻撃できる位置にいるのです。

 過去にはフィンランドもスウェーデンも、NATO加盟の是非をめぐって世論が分裂し、現状維持が続いてきました。しかし、ウクライナの苦境を見て、「ロシアを信用するわけにはいかない」という世論が盛り上がったのです。

 両国の加盟が実現すれば、NATOへの新規加盟は2020年3月の北マケドニア以来。加盟国数は30から32に増えます。

 ところで、北マケドニア加盟をめぐっては、隣国ギリシャが反対し、すんなりと加盟が認められたわけではありません。というのも、北マケドニアは、そもそも旧ユーゴスラビアを構成するマケドニア共和国で、ユーゴスラビア崩壊によって独立。その時点で「マケドニア共和国」という国名にしたのです。これにギリシャが反発します。「マケドニア」とは、かつてアレクサンドロス大王が築いた由緒ある王国の名前であり、ギリシャのルーツだ、というわけです。

 NATOの決定は全会一致が原則。加盟国のうち1か国でも反対すると、新規加盟が認められません。NATOに入れなくなったマケドニアは、議会を通じた憲法改正を経て、国名を北マケドニアに変更。ようやく加盟が認められたのです。

 さて今回はどうか。NATOの国々はフィンランドやスウェーデンの危機感に共感を抱き、加盟申請はすぐに認められる……と思いきや、中東トルコのエルドアン大統領が難色を示したのです。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる