週刊文春 電子版

みうら名人|みうらじゅん

人生エロエロ 第484回

みうら じゅん
エンタメ 芸能

 人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。

 ファミリーコンピュータ(通称・ファミコン)が発売されたのは’83年。

 当初、どの店も売り切れ状態で、欲しくても手に入らなかった。

 そんな時、友人から神田にある“かるた”専門店で買ったという話を聞いた。

 どうやらファミコンの発売元・任天堂が、そもそも花札などの玩具を出していた会社で、そこが特約店だからだという。

 半信半疑だったが早速、訪れてみたらフツーに売っていて驚いた。

 それまで何度も街のゲームセンターで、いわゆるシューティングものと呼ばれるゲームを好んでやった。

 大概、舞台は宇宙で撃ちまくり逃げまくりするだけなのだが『ムーンクレスタ』ってやつは、途中、上から降りてくる味方の宇宙船とドッキングしてパワーアップすることが出来る。その時の操作が微妙で、うまく合体しないと2機とも爆発してしまうのだ。

 それには機械の不具合もあるので、ゲーセンに入ると先ずその操作レバーの点検を行った。

 乱暴に扱われたものは当然、レバーが甘くなっているし。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる