週刊文春 電子版

黒島結菜の「ちむどんどん」する話

駅伝主将、一度は断られたデビュー、理系好き

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「今から10年ほど前のことです。一目見た時に、全国区の女優になれる子だなと思いました。でも、落ち着いていて大人っぽい結菜(ゆいな)ちゃんは、明るい子が理想的なイメージガールとはちょっと違った。そこで、僕が特別枠として『沖縄美少女図鑑賞』を作って、雑誌に載ってもらったんです」

 そう語るのは、フリーペーパー「沖縄美少女図鑑」元編集長・西原伸也氏だ。

暢子は三姉妹の次女(NHKインスタより)

 沖縄が舞台のNHK朝ドラ「ちむどんどん」。料理人を目指すヒロイン・比嘉暢子を演じるのが、黒島結菜(25)だ。ちむどんどんとは、沖縄ことばで「心がワクワクする」。本土復帰50年を記念した作品で、地元出身の黒島はNHKの熱烈なオファーで起用された。

「『番組に携わる人の名前を覚えたい』と100人余りのスタッフに手書きの名札を作り、初顔合わせの日に配って感激させていました。地元の少女らしさを出すために、日焼け止めを塗らず撮影に臨み、出された料理も美味しそうにたいらげています」(NHK関係者)

 1997年、三姉妹の長女として生まれ、沖縄県糸満市で育った黒島。父親は脱サラして小さなIT系企業を経営し、石垣島で暮らす祖父母はパイナップルファームを運営している。実は、祖父はNAHAマラソンに15年連続で出場する健脚の持ち主。孫もその“いだてん遺伝子”を受け継いでいるという。

 第11話では暢子が陸上部の男子にかけっこで勝つシーンが描かれたが、小学校の同級生が明かす。

「結菜ちゃんは、小6の時に出場した駅伝大会で主将を務めていた。アンカーを走ってチームは優勝。中学ではバドミントンで、県ベスト8まで行きました」

「15歳の深津さんと同じ…」

 そんな“体育会系少女”が芸能界入りするきっかけは11年、中3の時に母親の勧めで挑んだ「ウィルコム沖縄」のイメージガールオーディション。そこで審査員を務めていたのが、冒頭の西原氏だ。07年に同じ沖縄出身の女優・二階堂ふみを発掘し、ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)に推薦した実績を持つ西原氏。この時も、

「君は女優に向いている。NHKのドラマなんかぴったりだ」

 そう黒島に伝え、SMAにも推薦したという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる